ここから本文です

真田丸ドラマ館、入場者66万6666人を達成!

Smartザテレビジョン 9/19(月) 15:14配信

長野県上田市に開設されている「信州上田 『真田丸』大河ドラマ館」が、真田家の家紋“六文銭”にちなんだ66万6666人目の入場者を達成したことを記念してセレモニーが行われた。

【写真を見る】9月25日(日)放送では中川大志演じる豊臣秀頼がついに登場!

大河ドラマ「真田丸」(NHK総合ほか)の放送に合わせて、真田家ゆかりの地・上田に設置されたドラマ館は、「真田丸」ファンで連日盛況となっている。

記念すべき66万6666人目の入場者は、初めて上田市を訪ねたという静岡県掛川市在住の永田剛さんで、子供3人を含む6名で来館した。

記念セレモニーには、作中で真田信幸(大泉洋)の家臣・河原綱家役を演じる大野泰広がサプライズ登場。

大野は、「カメラテストから綱家役を射止めた『真田丸』のラッキーボーイでーす!」とあいさつ。さらに、先日放送された“犬伏の別れ”の際に綱家の歯が欠けたエピソードを盛り込み、「今日はちょっと歯の具合が悪くてすぅひません…」と語り、会場を沸かせた。

一方、66万6666人目の来館者・永田さんは「本日のラッキーボーイです!」と、大野のあいさつにかぶせて笑いを誘った。

「『真田丸』のどこを楽しみに見ていますか?」と聞かれた永田さんは、「真田昌幸(草刈正雄)の食えない殿っぷりが面白くて!」と感想を語った。

また、同行していた永田さんの妻は、「この後、大河ドラマ館で、ドラマで実際に使われていたものが見られると思うと楽しみです」と展示に期待をにじませていた。

最終更新:9/19(月) 15:14

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

なぜ今? 首相主導の働き方改革