ここから本文です

「ささ身のフライ」で満足感をアップさせるテク

東京ウォーカー 9/19(月) 16:00配信

カロリー控えめなとりささ身はダイエッターの強い味方だが、逆に淡白すぎて「物足りない」と敬遠されることも。今回はそんなとりささ身料理の満足感をアップさせるレシピをご紹介。

【写真を見る】ささ身は切り目を入れるとマスタードが馴染みやすい

ポイントは、ささ身はフライの衣をつける前に、斜めに浅く切り目を入れ、その後で粒マスタードをぬること。これにより粒マスタードの味が馴染み、風味よく仕上がる。

また、同時に揚げる野菜にはホクホクしたかぼちゃや色鮮やかなパプリカ、一本丸ごと揚げてねばねば食感も楽しいオクラなど、バラエティに富んだラインナップを揃えておくのもおすすめだ。

ヘルシーかつきちんとおいしい揚げものを今晩のおかずにいかが?

【ささ身と夏野菜のスティックフライ】(1人分510kcal、塩分1.6g)

<材料・2人分>とりささ身大2本(約140g)、赤パプリカ1/2個(約80g)、かぼちゃ1/8個(約200g)、オクラ4本(約30g)、ころも(小麦粉、溶き卵、パン粉各適量)、塩、こしょう、粒マスタード、揚げ油、ウスターソース

<作り方>

(1)パプリカは縦4等分に切り、かぼちゃは1cm幅のくし形切りにする。オクラはがくをぐるりとむき、縦に浅く切り目を1本入れる。野菜すべてに塩、こしょう各少々をふる。ささ身は筋を除いて斜め半分に切り、斜めに浅く切り目を3~4本入れ、粒マスタード大さじ1をぬる。

(2)(1)にころもを小麦粉、溶き卵、パン粉の順につける。

(3)フライパンに揚げ油を2cm深さまで入れて中温(約170℃)に熱し、野菜を入れて上下を返しながら、パプリカとオクラは3~4分、かぼちゃは5~6分を目安に揚げ、油をきる。続けてささ身を入れて上下を返しながら4~5分揚げ、油をきる。器に盛り、ウスターソース適量を添える。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】 

最終更新:9/19(月) 16:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016