ここから本文です

アレキサンダー・マックイーンとイザベラ・ブロウの映画が進行中

ハーパーズ バザー・オンライン 9/19(月) 10:30配信

アレキサンダー・マックイーンとイザベラ・ブロウのおしゃれな友情が、映画で再現されそうだ。作品が進行中であることを『Variety』誌がレポートしている。
 
『The Ripper』(ザ・リッパー)と題されたこの映画は、2人の難しかった関係に焦点を当てる。イザベラ・ブロウは、マックイーンを発掘し、デザイナーとしての彼のキャリアを通して、友でありミューズであり続けた人物。2人とも、ファッションとスタイルに対するアヴァンギャルドなアプローチで知られる。
 
2人の役を誰が演じるのかは、まだ発表されていない。 
 
ブロウは2008年に48歳で、マックイーンは2010年に40歳で、どちらも自殺により亡くなっている。

最終更新:9/19(月) 10:30

ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年1・2月合併号
2016年10月20日発売

特別定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。