ここから本文です

マインツ、途中出場の武藤Gで今季初白星。宇佐美との日本人対決は実現せず

フットボールチャンネル 9月18日(日)23時48分配信

【アウクスブルク 1-3 マインツ ブンデスリーガ第3節】

 現地時間18日にドイツ・ブンデスリーガ第3節が行われ、日本代表FW武藤嘉紀が所属するマインツは日本代表MF宇佐美貴史が所属するアウクスブルクと対戦。途中出場した武藤が1ゴールを決める活躍でマインツが3-1で勝利を収めている。

【動画】久保建英、鮮やかドリブルでゴール演出!相手DFを翻弄する超絶テクを披露

 ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ・グループステージ第1節のサンテティエンヌ戦に先発出場した武藤は、前節に続きベンチスタート。前節を欠場した宇佐美も同じくベンチスタートとなったが出番はなかった。

 マインツは現在1分1敗と未だ勝利がない14位 。対するアウクスブルクは1勝1敗で11位。お互いに4-2-3-1の布陣で挑んだ。

 先制したのはマインツ。7分にコーナーキックからFWジョン・コルドバがヘディングシュートを叩き込み、早い時間帯に試合を動かす。しかし、その後両チームチャンスを迎えることなくマインツが1点リードして前半を折り返した。

 すると、67分に武藤がゴールを決めたJ・コルドバと交代して途中出場を果たす。しかし、その6分後の73分にバイタルエリアでボールを受け取ったDFコスタス・スタフィリディスがミドルシュートをゴール右角に流し込んでアウクスブルクが同点に追いついた。

 そこでマインツも直ぐに反撃を開始。75分、左から上がったクロスにMFユヌス・マリが頭で合わせて逆転に成功する。さらに、81分には武藤が追加点を決める。右からのグラウンダーのクロスにY・マリが当たり損ねたところを軽く押し込み、今季2得点目を挙げた。

 その後に試合は動かず試合終了。ゴールを決めた武藤の活躍もあり、マインツが3-1で今季初白星を挙げている。一方宇佐美は出場しなかった。

【得点者】
7分 0-1 J・コルドバ(マインツ)
73分 1-1 K・スタフィリディス(アウクスブルク)
75分 1-2 Y・マリ(マインツ)
81分 1-3 武藤嘉紀(マインツ)

フットボールチャンネル

最終更新:9月19日(月)6時11分

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]