ここから本文です

森永卓郎氏注目の食べ物系株主優待 吉野家、マック、コメダ

マネーポストWEB 9/19(月) 16:00配信

 経済アナリスト・森永卓郎氏によると、現在は緩やかな株価上昇局面が期待される環境となっており、高利回りの株主優待・配当狙いの投資法に最適の時期なのだという。では、どんな銘柄に注目すべきなのか。ここでは、森永氏が注目する「食べ物系」の優待銘柄を紹介する。

 * * *
 外食業界などの食べ物系から、私の注目する優待銘柄をピックアップしてみます。

 まずは、牛丼チェーン展開で知られる吉野家ホールディングス。単元株(100株)保有で年間6000円分のサービス券がもらえます。デフレから脱却できない日本経済を反映し、4月から投入した牛丼より50円安い豚丼が大人気で、客足を回復しつつあり、業績改善の期待も高まっています。

 業績低迷が続いた日本マクドナルドホールディングスも最悪期は脱した感が強く、さらに大ヒット中のスマートフォン向けゲーム『ポケモンGO』効果が追い風となりそうです。同社は全国すべての店舗を『ポケモンGO』と連携させるサービスを提供し、集客増を図っています。また、業績低迷下でも単元株(100株)保有でハンバーガー類、サイドメニュー、ドリンクの無料引換券が各6枚で1冊となった食事券が年間2冊もらえる優待内容は変わっていないので、株価回復にかける手はあると思います。

「珈琲所 コメダ珈琲店」を全国展開するコメダホールディングスは、単元株(100株)保有で店舗で利用できる年間2400円分の電子マネーか、自社製品詰め合わせがもらえる。今年6月29日に東証1部上場を果たし、新規出店も加速させており、今後も好業績が期待できそうです。

※マネーポスト2016年秋号

最終更新:9/19(月) 16:00

マネーポストWEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)