ここから本文です

えんどう豆ごはん、チーズサンド…タンパク質を上手にとれる「食べ合わせ」とは?

OurAge 9/19(月) 15:10配信

私たちの生命維持に欠かせないタンパク質は、さまざまなアミノ酸で構成されている。その質を判定するのが「アミノ酸スコア」で、現在はFAO(国連食糧農業機関)とWHO(世界保健機関)が合同で発表した数値が、一般的に使われている。

効率よくタンパク質をとるなら、数値が100に近いタンパク質が良いわけだが、そればかりにとらわれていては献立も単調に。できれば、バラエティーに富んだメニューを食べたいのが本音である。

そこで注目したいのが、アミノ酸スコアが低い食材も、組み合わせてとることで優良なタンパク質源になるということ。見直してみると、わりとよく食べている組み合わせがこれに当てはまる。

◆米+豆類
米も、大豆以外の豆類もアミノ酸スコアは低めだが、組み合わせてとればスコアが100近くに。えんどう豆ごはん、ひよこ豆のカレーライスなど、手軽に作れておいしく食べられる組み合わせである。

◆小麦製品+チーズ
小麦製品も、チーズも単独だとアミノ酸スコアが100に満たないのだが、サンドイッチにチーズを挟んだり、パスタにチーズをかけたりと、なじみのある組み合わせでアミノ酸スコアは100近くになる。

◆豆類+種実類
大豆以外の豆類+種実類も、アミノ酸スコアが100になる組み合わせ。ひよこ豆に松の実やくるみなどをミックスしたディップや、ミックスビーンズとアーモンドのサラダなど、おしゃれな組み合わせでタンパク質を効率よくとることができる。

最終更新:9/19(月) 15:10

OurAge

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。