ここから本文です

iPhone、連続大幅売上減の危機…サムスン等に劣勢、マリオ「独占」で必死の差別化

Business Journal 9/19(月) 6:02配信

 9月7日に開かれた米アップルの新製品発表会。マーケティングに頼るアップルの限界が鮮明となった。

 今回発表されたスマートフォン(スマホ)の最新モデル、iPhone 7。シンプル重視を貫くアップルは「ミニマリズム」による簡素なデザインという既定路線を踏襲し、従来モデルから大幅な変更を行わなかった。それは、アップルがスマホ市場の趨勢を読み取り、競合企業の繰り出す新たな打ち手に対処する方針に注力した証でもある。

 今年に入ってiPhoneは苦戦続きで、売上高の前年同期比は2期連続で2ケタの減少を記録した。iPhoneの将来を占う中国で前年同期比33%減少(2016年4-6月期)を記録したのを筆頭に、米州は11%減、欧州は7%減と主要な地域で売上が軒並み落ち込んだ。

 アップルはこうした苦戦する地域を含めて市場全体を見据えた開発戦略を採らず、前年同期比23%増と好調な日本市場に特化した開発を優先した。こうしたミクロの開発戦略は日本という特定の市場で一時的な効果を発揮し成果を生むことは可能であるが、長期的に見れば、打ち手がなくなると先細り感は否めない。実際、日本のスマホ市場でアップルのシェア(市場占有率)は49%に達し世界でも最高水準であるものの、日本市場の売上高は全体のわずか8%にすぎない。

 他方、競合との熾烈な開発競争に目を転じてみれば、これまでアップルは防水機能で韓国サムスンのギャラクシーに先行され、決済機能においては世界市場の展開がなかなか進まずアンドロイド陣営の後塵を拝してきた。iPhone 7では、これらの弱点を補いつつ、さらにレンズ性能の向上により、近距離や暗い場所でも鮮明な写真を撮りやすくしてカメラ機能を高め、イヤホンの差込口をなくして充電端子に集約するなどして機能の拡充を図った。

●「アップルらしさ」の喪失

 極めつけは任天堂との独占契約である。「スーパーマリオブラザーズ」の新作のiPhone配信に加え、「ポケモンGO」のアップルウオッチへの対応も契約に盛り込まれた。コンテンツの充実といわんばかりに人気ゲームの独占配信を取り付けることで、競合との差別化を図った。

 アップルがマーケティング重視の姿勢に転じて早5年が経過しようとしている。今回の発表でさらにアップルはこの姿勢を加速したことが窺える。どうやらアップルは、このマーケティング重視の路線で「行けるところまで行く」という考えを強くしたようだ。

 このような路線を続けていく限り、従来の「アップルらしさ」が失われていくのは必然である。アップルらしさというのはまさに、「世の中を変える」という壮大なスピリットであり、「アップルにしかできない革新」という品格でもある。

 グーグルやアマゾンなどの競合を差し置いて、「これこそがアップルの開発だ」という画期的な発表を聞きたいものである。
(文=雨宮寛二/世界平和研究所主任研究員)

雨宮寛二/世界平和研究所主任研究員

最終更新:9/19(月) 6:02

Business Journal

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。