ここから本文です

テイラー&トムヒ、クロエ&ブルックリンに見るひと夏の恋の終わり [with]

講談社 JOSEISHI.NET 9/19(月) 18:00配信

ちょっとちょっとちょっと! あんなに世間を騒がせといて、テイラー・スウィフトとトム・ヒドルストンが交際3ヶ月あっさりスピード破局しちゃったわね! ふたりはテイラーが元カレ、カルヴィン・ハリスと破局して数週間後には交際が発覚。しかもその後カルヴィンが作った曲の歌詞から、カルヴィンとの交際中にすでにデートしてたギワクもあって、テイラーの●ッチなイメージを、さらに裏付けちゃっていたのよね。

そしてもうひと組、私の大好きだった爽やかティーンカップル、クロエ・グレース・モレッツとブルックリン・ベッカムも夏の終わりと共に破局を迎えてしまったの(涙)。L.A.在住のクロエと、ロンドンを拠点にしているブルックリン。遠距離恋愛に加えて、クロエがブルックリンに同棲を迫ったりして、クロエの愛が重すぎたのが別れの原因になったと言われているわ。

そしてテイラーとトムヒについては、交際をきちんと公けにしたいトムヒとそれに反対するテイラーの意見が別れ、「それなら別れましょう」ってことで破局になったそうよ。トムヒは「I love TS」ってテイラーの頭文字のタンクまで着てラブラブアピールしていたのに、あの盛り上がりはいったいなんだったの……?

クロエ&ブルックリンは今年5月から交際をオープンにして、夏の終わりには破局。テイラーとトムヒもつい先日別れたばかり。開放的な夏休み気分が終わって、秋風が吹いて来たと同時にハッと我に返っちゃったってことなのかしらね。どちらのカップルも、つきあって間もないのに(って、クロエとブルックリンは復縁カップルだけど)浮かれ過ぎてSNSでイチャイチャぶりをアピールしてたところが共通点。仲がいいのはいいことだけど、最初からヒートアップしすぎる恋愛は長続きしない、ってことなのかもね。



文:さかいもゆる

最終更新:9/19(月) 18:00

講談社 JOSEISHI.NET

なぜ今? 首相主導の働き方改革