ここから本文です

IS志願者を止める「グーグル流の対テロ作戦」の効果

WIRED.jp 9/19(月) 18:30配信

グーグルは、2~3個の検索ワードからユーザーが得たい結果を推測することで、5000億ドル規模のビジネスを確立した。彼らはその過程で偶然にも、ネット上で最も理解されておらず、最も危険な人々──IS(Islamic State)の新兵候補たち──の考えを知るための強力なツールを手にすることとなった。
そして現在、グーグル傘下のある企業は、IS志願者たちの意図を理解するだけなく、彼らの考えを変えるべく取り組みを行っている。

あなたも使える?「ISが使う暗号化メッセージングサーヴィス」はこちら

▼その名も「Redirect Method(軌道修正法)」

テクノロジーインキュベイター/シンクタンクの「Jigsaw」(旧Google Ideas)はこの1年、新しいプログラムの開発に取り組んできた。彼らは、グーグルの検索広告アルゴリズムとYouTubeの動画プラットフォームとを連動させることによって、最終的にはIS志願者たちに加入を思いとどまらせられたらと考えているのだ。

Jigsawが「Redirect Method(軌道修正法)」と呼ぶこのプログラムは、ISに共鳴した人々が共通して検索していると考えられるキーワードやフレーズの検索結果の横に広告を出す、というものだ。表示される広告は、アラビア語と英語のYouTubeチャンネルにリンクされており、飛んだ先にはJigsawがISの洗脳を解くのに有効だと考えた動画がプレイリストとしてまとめられている。例えば、元過激派たちの証言や、イスラム教の指導者たちによるISへの非難、機能不全に陥った北シリアやイラクを秘密裏に撮影した内部映像などだ。

「インターネット上でのIS情報の需要は高いです。同時に、ネット上にはISが語るストーリーの正体を暴露する、信憑性の高い生の声もたくさんあります。これは、それに気づいたことから生まれたプログラムです」と、Jigsawの研究開発リーダーであるヤスミン・グリーンは言う。「Redirect Methodは、本質的にはターゲットを絞った広告キャンペーンです。ISの新兵募集メッセージに影響を受けやすい人たちを見つけ出し、彼らにISを否定する情報を提供するのです」

これは驚くほど効果的だった。今年頭にJigsawが行った約2カ月の実験プロジェクトでは、30万人以上がアンチISのYouTubeチャンネルに誘導された。検索者は通常の広告より3~4倍も高い頻度でJigsawの広告をクリックしており、広告先に飛んだ人たちが動画を観るのに費やした時間は、最も効果のあったプレイリストではYouTube全体のユーザー平均推定視聴時間の2倍以上だったという。

今月、Jigsawはロンドンを拠点とするスタートアップ、Moonshot Countering Violent Extremismと、アメリカを拠点とするGen Next Foundationの2社協力して、プログラムの第2フェーズを新たに始動する予定だ。第2フェーズでは、北アメリカの過激派に焦点を当て、ISの新兵候補と暴力的な白人至上主義者の両方をターゲットとする。

1/2ページ

最終更新:9/19(月) 18:30

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

なぜ今? 首相主導の働き方改革