ここから本文です

中国の億万長者は「ポロ」に熱狂している:画像ギャラリー

WIRED.jp 9月19日(月)20時30分配信

ポロはスポーツの王様かもしれないが、中国では億万長者のためのスポーツだ。

中国では、新興の億万長者たちの間でポロが一大ブームを迎えている。彼らはマレットを握りたくてたまらないのだ。ケヴィン・フレイヤーは7月の暖かい週末に、天津ゴールディン・メトロポリタン・ポロクラブで流行りのポロを撮影していた。柔らかな帽子をかぶった女性たちは、夫やボーイフレンドが芝の上で一生懸命にカルロス・グラシドの真似をする姿を脇から眺めていた。少し離れたところで子どもたちは木馬にまたがり、イギリスやアルゼンチンからやって来たプロからポロを教わっている。

【写真ギャラリーを見る】これがスポーツの王様「ポロ」だ

その贅沢さに彼は驚かされた。「こんなものは中国にしかない。これはポロを中国のスポーツとライフスタイルとして確立しようとする熱意の証だよ」と彼は話す。

実は、中国においてポロは新しいものではない。はるか昔の唐の時代には皇帝や上流階級の人々がポロを楽しんでいたが、共産革命とともになくなってしまったのだ。いま、ポロは経済とともに急成長し、豊かさを誇示したい国内の億万長者たちのために、天津や上海、北京などの都市でクラブがオープンしている。

北京に住んでいるフレイヤーは、中国の成金たちの物語を探していた。中国最大だと主張する天津の招待制ポロクラブは「新たな貴族たちの集まる場所」だと宣伝されている。どうやらその通りのようだ。フレイヤーがクラブの広報と連絡をとると、彼はフレイヤーにクラブを案内できることを喜んでいた。

そのポロクラブの面積は222エーカーで、天津で有名な高層ビルと工場群の間にあるオアシスだ。フレイヤーは、そこでアルゼンチンの馬でいっぱいの小屋、大理石でつくられたホテルの装飾、温水プール、13軒のレストラン、高級ワインの地下貯蔵室を目にした。「素晴らしかった」と彼は言った。

彼はキヤノンの5D Mark III を持って歩きまわった。クラブではイギリスとアメリカのチームを相手に初の代表戦を行っている。子どもたちはクラブのサマーキャンプに参加して、大学に願書を出すときに有利になるかもしれないと思ってポロを学んでいた。「ポロの観客はそれほど多くないのかもしれない。実際、中国の人口の1%だけだ。しかし、彼らはポロに夢中になっている」と彼は言う。「ポロはマスターするのが難しいスポーツだ」

たくさんの問題があるように思える。特に、これらの裕福な人たちが再びゴルフを始めたら大変なことになる。しかし、そのときは誰にでもゴルフをさせればいい。ポロはスポーツの王様だから。

LAURA MALONEE

最終更新:9月19日(月)20時30分

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED VOL. 24』

コンデナスト・ジャパン

2016年8月9日発売

630円(税込み)