ここから本文です

8泊450万円、きもちいい。南極唯一の「豪華リゾート」

WIRED.jp 9月19日(月)23時20分配信

南極大陸の日和のいい日は、風は穏やかで太陽は明るく、気温も心地いい(摂氏マイナス5度)。
「とても気持ちがいいのです」。南極大陸で初めての旅行事業者であるWhite DesertのCEO兼共同創設者パトリック・ウッドヘッドは言う。よく知られたこのひどく荒涼な大陸での滞在を、条件が許す限り確実に楽しいものにすることがウッドヘッドの仕事だ。

【内部の写真ギャラリーを見る】超高級、周囲には青い洞窟、透明な水をたたえた湖が点在しているリゾート

「ホワイト・デザート」は、南極大陸初で、かつ唯一の豪華リゾートだ。ウッドヘッドは10年前、南極を目指す4カ月間のスキー遠征のすぐあとにこのビジネスを開始した。彼はその過酷な風景の美しさに息を呑み、ほかの人たち(数カ月間にわたって風雨に果敢に立ち向かうことはごめんだと考える人たち)でも同じように感じるのではないかと思った。

White Desertのキャンプは、過酷でも手強くもない。実際のところ、上流階級レヴェルの贅沢さだ。「サウジアラビアの王女たちも来ました。それまで雪というものを見たことがない方たちでした」とウッドヘッドは言う。

このキャンプは、高級なサファリ(狩猟旅行)を手本にしているという。だがそこにあるのは、広大な草原、ライオン、豪華なバンガローではなく、氷で覆われた平原、皇帝ペンギン、そして宿泊のためのシェルターだ。

直径約7mのシェルターの内部には、竹製のツインベッド、椅子の背もたれに掛けられた毛皮、シャワーのあとに身に着ける暖かなパーカなどが用意されている。このシェルターで8泊すると、その費用は4万5000ドル以上になる(さらに2万5000ドルを支払うと南極点にまで行けるオプションもある)。このキャンプは南極点から241km離れた場所にあり、周囲には山々、青い洞窟、透明な湖が点在している。

シェルターの電力はソーラーで供給されている。太陽が隠れたときや暖房のためにプロパンガスも使われている。ウッドランドによると、シェルターは、冬の間この場所に吹き荒れる毎時約290kmの突風に耐えるよう設計されているという。

ホワイト・デザートへ行くには、ジェット機で、広大な土地の真ん中にある氷で覆われた滑走路に着陸する必要がある。人が訪れなければ、ここは未踏の雪の地だ。White Desertがツアーを実施しているのは主に、天候が穏やかな11月下旬から12月下旬である。

LIZ STINSON

最終更新:9月19日(月)23時20分

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED VOL. 24』

コンデナスト・ジャパン

2016年8月9日発売

630円(税込み)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]