ここから本文です

47都道府県で女子に愛される地元のメイブツ【兵庫編】

女性自身 9/19(月) 6:01配信

 コントラストの強い配色、派手な柄モノが“関西人ファッションの特徴”といわれるが、実は、神戸マダムたちは「ちゃうで。それは大阪」と不満げ。その心の声は「神戸はもっと上品やし」。

 そんな兵庫県を代表する“神戸エレガンス”を見事に表現しているのが、「芦屋マーティー」のレザーグッズ。かわいらしい花モチーフとパステルトーンのレザーを組み合わせた、チャームやストラップ、パスケースは、10年ほど前から「派手すぎず地味すぎず、おしゃれでレザーも上質」と大人気。

 最近の注目アイテムはスマホ用のフラップケース。ピンクなどのパステルカラー(11,998円)にシャンパンゴールド(12,528円)も加わり、花モチーフのバリエーションも豊富。さらにストラップやタッセルとの組み合わせも可能だから、自分好みにカスタマイズもできるというスグレもの。

「大学生の娘とおそろいで使っています」と40代の神戸マダムもぞっこんの様子。

“神戸エレガンス”といえば、「神戸どうぶつ王国」のラクダのクララちゃんも忘れてはならない存在。動物とのふれあいを楽しめるこの施設で「あたし、リボンせんとお客さんに会いたないし」とばかりに、毎日とっかえひっかえおしゃれなリボンをつけて接客中。

 やっぱり“神戸エレガンス”は、兵庫県の誇りやねん。

最終更新:9/19(月) 6:01

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。