ここから本文です

日豪戦はオーストラリア優位か。「ジョーカー」としてベンチに控える“天敵”ケーヒル

フットボールチャンネル 9/19(月) 10:10配信

いよいよ開幕したW杯最終予選。日本がUAE相手にホームで敗れる中、グループB最大のライバル豪州は連勝スタートとなった。”サッカルーズ”は連勝という結果だけでなく、これまでチームを支えてきたティム・ケーヒルの起用法、マーク・ミリガンのユーティリティ性などの収穫を手にした。10月に迫る日豪戦に向けた充実度では豪州のほうが優位に立っている。(取材・文:植松久隆【ブリスベン】)

オーストラリアは現在何位? W杯アジア最終予選【グループステージ順位表】

ケーヒルの起用法とフォーメーション

 日本がアウェイで何とかタイに勝利を収めた夜、グループBの日本の最大のライバル豪州は、酷暑のアブダビでUAEを”ウノゼロ”で下した。日本を破って意気軒昂の相手からアウェイで貴重な勝ち点3をもぎ取り、勝ち点を6まで積み上げた豪州はグループBの1位となり、長丁場のW杯最終予選で好発進を見せた。

 日本の最終予選の最大のライバルと目される豪州の序盤の戦いぶりを簡単に振り返る。この2連戦で特筆すべきは、来月開幕のAリーグでプロ選手として初めて母国でプレーすることになったティム・ケーヒル(メルボルン・シティ)の起用法。

 ケーヒルはメルボルン・シティの練習で汗を流しており、Aリーグのシーズンに向けて調整のスピードを高めてきているところ。初戦のイラク戦でのベンチスタートにさほどの驚きは無かった。

 それ以上に筆者を含め、サッカルーズを身近に知る人々が驚いたのは、この日のフォーメーション。長く豪州サッカーのトレンドであり、自らのトレードマークともいえる左右のウイングを置いた4-3-3(4-3-2-1と表記することもできる)をアンジ・ポスタコグルー監督が使わなかったのだ。ポスタコグルー監督が採用したのは中盤ダイヤモンドの4-4-2だ。

 しかし、4-4-2の採用もケーヒルの起用法と合わせて考えれば納得がいく。ワントップ向きのケーヒルをスタメンで使わないのであれば、2トップにして4-4-2にすることで、才能ある若手選手が多くいる中盤に一つ多くの駒を割ける。ポスタコグルー監督としては、ケーヒルの起用法と若い才能の共存の可能性を追った結果、最良の選択として4-4-2へのフォーメーション変更で大事な試合に臨んだのだろう。

1/4ページ

最終更新:9/19(月) 10:10

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。