ここから本文です

トッテナム指揮官、韓国代表FWソン・フンミンがドイツ復帰を望んでいたと認める

フットボールチャンネル 9月19日(月)10時30分配信

 トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、同クラブ所属の韓国代表FWソン・フンミンが今年の夏に移籍することを望んでいたと認めている。18日付の英紙『デイリー・メール』が伝えた。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 ソン・フンミンは昨年夏に、アジア人選手としては史上最高額となる移籍金でレバークーゼンからトッテナムに加入。だがプレミアリーグ1年目の28試合出場4得点という成績は物足りないものとみなされ、この夏にはドイツへ復帰する可能性が噂されていた。

 ソン・フンミンには特にヴォルフスブルクが強い関心を抱いていたとみられる。移籍金2400万ポンド(約32億円)のオファーが提示されたが、トッテナムはこれを断ったようだ。ポチェッティーノ監督は、ソン・フンミン自身がドイツ復帰を望んでいたことを認めて次のように語っている。

「五輪を終えたあと、彼が考えていたのはドイツへと去ることだった。だが選手が望むことと、クラブの決定は別物だ。彼は移籍したいと望んでいたが、結局残留の決断を受け入れ、ポジションを争っていくことにしたんだ」

 残留を決めたソン・フンミンは、移籍市場が閉じたあとの最初の試合となったプレミアリーグ第4節ストーク・シティ戦で2ゴールの活躍。現地時間18日に行われた第5節サンダーランド戦でもチームの勝利に繋がる好プレーを見せた。結果的には残留が間違っていなかったことを証明しつつあると言えそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:9月19日(月)10時59分

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サッカー情報満載!
『フットボール批評』と『フットボールサミット』の編集部が制作するWEBサイト。
他では読めない圧倒的な論説で、世界中のサッカー情報をお届けします!