ここから本文です

現役引退したMLSのGK、セカンドキャリアは警察。ゴールの次は市民を守る!

フットボールチャンネル 9/19(月) 11:44配信

 メジャーリーグサッカー(MLS)で150試合以上に出場し、今年の夏に現役を引退した元GKが、警察官としての“セカンドキャリア“を歩み出すことを明らかにした。

【動画】レスター優勝の公約 パンツ一丁で番組に登場したリネカー氏

 31歳の元GKタリー・ホールは、キャリアの初期をデンマークで過ごしたあと、2009年にMLSのヒューストン・ダイナモに加入。不動の守護神として活躍し、アメリカ代表への招集も経験した。2015年は新規参入チームのオーランド・シティでプレーし、今季はDCユナイテッドに在籍していたが、7月に現役引退を表明した。

 そのホールは、再びオーランドに戻ることを決意した。だが、選手としての復帰でも、コーチや監督への就任でもない。17日にオーランド警察署がツイッターで動画を投稿し、元GKの“加入“を発表した。「オーランド・シティのファンの皆さん、ピッチ外で見ると彼が誰なのか分からないかもしれませんが、GKタリー・ホールはまもなくオーランド警察の制服を着ることになります!」とコメントしている。

 ゴールを守り続けた男は、今後はオーランド市民を守っていくことになった。GKらしく193cmと大柄なホールは頼もしい警官となってくれることが期待できそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:9/19(月) 12:31

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)