ここから本文です

ユーベCEO、ミランが狙ったボカの19歳司令塔の獲得を明言「来季の取引となる」

フットボールチャンネル 9/19(月) 13:30配信

 ユベントスは、すでに来夏の補強選手の確保に着手しているようだ。18日に伊メディア『プレミアム・スポルト』が報じている。

あの選手は今どこに? 欧州主要クラブ16/17移籍選手一覧表

 移籍市場が閉場したばかりにもかかわらず、ユベントスはすでに来季の補強に向けて着手しているようだ。そのターゲットにされている選手が、今夏にミランが獲得に乗り出したボカ・ジュニオルス所属の19歳のMFロドリゴ・ベンタンクールである。

 ベンタンクールは、FWカルロス・テベスをボカへ移籍させる時にユベントスが獲得優先権を取得した選手だ。ユベントスには2017年の4月20日までに940万ユーロ(約10億円)でこの優先権を行使できる権利があり、そのためボカはミランが提示した1300万ユーロ(約14億円)のオファーを拒否している。

 先日、ボカのダニエル・アンジェリッシ会長も「ジュネーヴでユベントスの幹部と会ったよ。現時点ではベンタンクールの売却に関する交渉が進展中だとしか私からは言えない」と現在交渉中であることを明かすと、ユベントスのジュゼッペ・マロッタCEOも同選手を獲得するつもりでいることを認めた。

 マロッタCEOは、「彼も含めた多くの若い選手の動向を追っているところだよ」とベンタンクールについて言及すると、「テベスの取引で取得した権利をほぼ確実に行使するつもりでいることしか私には言えないけれど、これは来季のための取引となるだろうね」と来夏に獲得するつもりでいることを明かしている。

 過去にはレアル・マドリーやインテルも獲得に関心を示したウルグアイ人のベンタンクール。同選手が欧州に上陸する日は迫って来ているようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:9/19(月) 13:33

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。