ここから本文です

シメオネ監督、アトレティコとの契約を2年短縮…「感情に正直であれば失敗することはない」

フットボールチャンネル 9/19(月) 15:03配信

 アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督は、クラブとの契約を短くした自身の決断に間違いはないと語った。18日付け『マルカ』が報じた。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 先日、シメオネ監督は2020年まであったアトレティコとの契約を2年短くし、契約を2018年までとした。

 現地時間17日にホームで行われたリーグ戦第4節スポルティング・ヒホン戦で、サポーターは2018年までとなった契約にちなんで18分にシメオネ監督の名前を大合唱し、指揮官の決断を支持した。

 シメオネ監督は契約を短くしたことについては後悔しておらず、ファンからの声援に感謝の言葉を述べた。

「感性、感情、自分の気持ちを認めるということ。自分の感情に正直であれば、失敗することは決してない。そして、もし失敗したとしても周りにはその決定をサポートしてくれた人たちがいるということは幸せなことだ」

 2011年12月にアトレティコの監督に就任したシメオネ監督は、2013/14シーズンに18年ぶりとなるリーグ優勝をもたらし、2度のチャンピオンズリーグ決勝進出に導いている。

 クラブとの契約を短くしたシメオネ監督だが、ファンからの愛情が証明されることとなった。

フットボールチャンネル

最終更新:9/19(月) 15:41

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。