ここから本文です

U-16森山監督、序盤劣勢も勝利を確信「相手が緩んだらこっちが生きるのはわかっていた」

フットボールチャンネル 9/19(月) 22:12配信

【日本 8-0 キルギス AFC U-16選手権インド2016】

 U-16日本代表は19日、AFC U-16選手権のグループステージ第2戦でキルギスに8-0で大勝を収め、大会2連勝を飾った。

【動画】久保建英、鮮やかドリブルでゴール演出!相手DFを翻弄する超絶テクを披露

 しかし、序盤は大勝の匂いが全くしない危うい展開だった。日本は基本的なプレーでミスが多く、キルギスに何度もチャンスを作られてしまう。攻撃も30分までシュート0本に抑えられて苦戦した。

 日本の森山佳郎監督は試合後「30分くらいまでは押し込まれて、いつ失点してもおかしくないようなシーンもあった」と危ういゲーム運びを認めた。それでも「相手が緩んだらこっちが生きるというのは最初からわかっていた」と勝利を確信していたという。

 結果的に34分の棚橋尭士のゴールを皮切りに8得点。一気に畳み掛けられたキルギスの選手達の心が折れ、勝利がほぼ決まった後もペースを落とすことなく攻め続けてベトナム戦に続く大勝となった。

 グループ内で2連勝しているのは日本だけで、決勝トーナメント進出は濃厚となっている。だが、それだけでU-17W杯出場は決まらない。森山監督は「一戦一戦大事に戦っていきながらチームが成長していく。次も本当に今から準備がスタートしたと思うので、しっかりいい準備をしたい」と、22日のオーストラリア戦必勝を誓った。

 決勝トーナメントではイランやUAEといった中東の強豪と戦わなければならない。初戦に敗れているとはいえオーストラリアも難敵に違いない。すでに1敗しているため全力でぶつかってくる。そんな相手をどのように攻略するか、森山監督にとってはマネジメント力の見せどころだ。

フットボールチャンネル

最終更新:9/19(月) 22:27

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。