ここから本文です

レアル主将S・ラモスが11年で偉業達成! 試合出場数でクラブの“伝説”に肩を並べる

フットボールチャンネル 9/19(月) 22:20配信

 レアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスは、リーグ戦第4節エスパニョール戦に出場したことで、クラブのレジェンドであるエミリオ・ブトラゲーニョ氏の出場記録に並んだ。18日付け『マルカ』が報じた。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 80年代に無敵を誇るチームの中心選手として活躍し、現在はスポークスマンを務めるブトラゲーニョ氏は、マドリーの選手としてリーグ戦通算341試合に出場し、歴代15位となっている。

 S・ラモスは前節オサスナ戦に出場してその数字を340試合にまで伸ばしていたが、エスパニョール戦に出場したことにより、クラブレジェンドに肩を並べたことになる。

 19歳でセビージャから移籍してきたS・ラモスはまだ30歳。歴代1位はラウール・ゴンサレス氏の550試合とまだまだ開いているが、歴代10位は現在マドリーユースAチームの指揮を執るホセ・マリア・グティエレス、通称“グティ”監督の387試合であり、十分射程圏内にある。

 昨季からチームの主将に就任し、今季が2年目となるS・ラモスだが、クラブのレジェンドに仲間入りを果たすこととなった。

フットボールチャンネル

最終更新:9/19(月) 22:39

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。