ここから本文です

人気絵本作家が「本のなかのおやつ」について綴ったエッセイ『レモンパイはメレンゲの彼方へ』発売!刊行記念イベント開催決定

ダ・ヴィンチニュース 9/19(月) 18:00配信

 2016年9月26日(月)に、もとしたいづみの初エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』が発売されることを記念して、9月30日(金)にトークショー&サイン会「~おやつと本の夕べ~」が開催される。

 同書は、絵本や童話と、それに出てくるおやつについて書いたもの。軽やかで心地よいエッセイにのせた、味のあるオシャレなイラスト。じっくりと読んで、いつまでも傍に置いておきたくなるエッセイ集だ。

私は仕事柄、日常的に絵本や童話、児童文学を読むけれど、それでもいつも「子どもの本っていいなあ」と思う。本を開くわずかな時間、子どもの本の世界に心を遊ばせると、「大人だから」とおさえていた心が、ふわっと軽く、自由になり、何かワクワクすることを始めてみたくなる。
「あとがき」より

 そんな同書のトークショーでは、エッセイで紹介した本やおやつについて、また、こぼれ話や面白いエピソードなどを語ってもらえるようだ。さらには購入者特典として、「パティスリー サロン・ドゥ・テ アミティエ 神楽坂」特製のレモン風味のメレンゲを使った南仏の焼き菓子「ルスキーユ」がプレゼントされるということなので、ファンは是非お見逃しなく。

■もとしたいづみ初エッセイ集刊行記念トークショー&サイン会「~おやつと本の夕べ~」
日時:2016年9月30日(金)19:00~約60分(終了後サイン会)
会場:ブックハウス神保町
費用:イベント参加無料(要予約)

もとした・いづみ
作家。商品企画、雑誌や児童書の編集・ライターなどを経て、子ども向けの作品を書き始める。2005年『どうぶつゆうびん』で産経児童出版文化賞ニッポン放送賞、2007年『ふってきました』で日本絵本賞、2008年同作品で講談社出版文化賞絵本賞を受賞。講談社出版文化賞絵本賞選考委員。絵本『すっぽんぽんのすけ』シリーズ、幼年童話『おばけのバケロン』シリーズのほか、『おむかえまだかな』『キャンディーがとけるまで』など著書多数。

※掲載内容は変更になる場合があります。

最終更新:9/19(月) 18:00

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。