ここから本文です

女性限定の配車サービス「See Jane Go」、カリフォルニア州で始動

Forbes JAPAN 9/19(月) 11:30配信

「女性の多くは、配車アプリを利用して男性ドライバーの顔がスマホ画面に表示されると抵抗感を覚えるものだ。偏見は持ちたくないが、車に乗り込むときに怖いと感じることもある」と話すのは、カリフォルニア州コスタメサに住むイングリッド・ニューマンだ。



彼女は年老いた母親を毎週サロンに連れていくため、配車アプリのリフトを利用している。

ニューマンのような女性客に対応するため、カリフォルニア州オレンジン群で女性客専用の配車サービスがスタートした。「See Jane Go」というこの配車アプリは、ドライバーが全員女性だ。

ウーバーの女性ドライバー率は25%

See Jane Goのキンバリー・トゥーネンCEOによると、ウーバーやリフトにおける女性ドライバーの比率は25%ほどだという。筆者はこれまで配車アプリを利用した際に何度も女性ドライバーに巡り合っているが、中には男性客から嫌がらせを受けたり、露骨に脅されたと話すドライバーもいた。リゾート地で営業するある女性ドライバーは、夜になると酔っ払い客が増えるため、22時以降は運転をしないと話していた。

トゥーネンによると、配車アプリで暴力事件が起きることは稀だが、これまで発生した事件の97%は加害者が男性だったという。「男性乗客に対する恐怖心が女性ドライバーの増加を阻害してきたが、我々はSee Jane Goによってその状況を変えたい」と彼女は話す。

See Jane Goはまずロサンゼルス-サンディエゴ間でサービスを開始したが、今後は積極的に全米中の都市に拡大していく考えだ。サービスの仕組みはウーバーやリフトと同じだ。ドライバーになるためには、See Jane Goのウェブサイトか専用アプリで登録をし、認定後にトレーニングを修了すると営業を開始することができる。

ウーバーとの違いについてトゥーネンは次のように話す。「ウーバーが行なっているのはtransportation(輸送)だが、我々が行っているのはtransformation(変革)だ。我々はSee Jane Goを働く女性にとってのスタート地点にしたいと考えている」

1/2ページ

最終更新:9/19(月) 11:30

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。