ここから本文です

【G大阪】遠藤、宇佐美が称賛する才能。井手口陽介ついに覚醒の時か――

SOCCER DIGEST Web 9/19(月) 6:00配信

驚愕の一発にスタジアムは騒然とする。

[J1第2ステージ12節]名古屋1-3G大阪/9月17日/豊田ス
 
 以前からチームメイトの遠藤や宇佐美(現アウクスブルク)らに潜在能力の高さを称賛されてきた井手口が、ついに覚醒の時を迎えたのかもしれない。
 
 第2ステージ・12節の名古屋戦で見せたパフォーマンスは、そう思えるほど圧巻だった。
 
 前半から鋭い出足で名古屋にプレッシャーをかけると、パス回しでは高いテクニックとボランチの相棒、遠藤との息の合ったプレーで敵を翻弄していく。
 
 42分には遠藤が負傷交代するアクシデントが起こったが、取り乱すわけでもなく、「俺が変わるんかなと思って。今さん(今野)がベンチで用意していたのが分かっていたので、めっちゃ焦っていました。だから(交代が自分じゃなくて)良かった」とおどけて見せる。
 
 加えて後半はさらにギアを上げる。「湿度が高くてきつかった」という言葉が嘘に思えるほど、縦横無尽に走り回り、65分には味方が相手陣内でボールを奪うと、呼応して左サイドを疾走。「狙っていた」という精度の高いクロスでアデミウソンの同点ゴールをアシストした。
 
 そして90+1分、スタジアムを騒然とさせる一発をぶち込む。ハーフウェーライン付近でパスを受けドリブルを開始すると、後ろからチャージに来たDFをモノともせずに前に進み、ゴール約27メートルの位置で右足を一閃。ドライブのかかったシュートは名手・楢崎の守備範囲を超え、ゴール右に突き刺さった。

 これが記念すべきJ1初得点。メモリアルゴールをド派手な形で決めて見せた。

 チームには遠藤、今野という越えなくてはいけない高い壁が存在する。しかし、この日の出来は、ふたりのパフォーマンスを凌駕するものだった。

「優勝争いに自分がもっと中心になって絡んでいけるように日々の練習から頑張っていきたい。ある意味、そういう試合のほうがプレッシャーを感じて楽しみだし、毎試合しっかり出場したい」
 
 名古屋戦の勝利でチームは第2ステージ2位に浮上。1位・浦和との勝点差は2だ。第2ステージ優勝が現実味を帯びてきた。頂を目指すなか、井手口が本当にチームの中心になれるのであれば、これほど期待をそそられることはない。

取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

最終更新:9/20(火) 11:33

SOCCER DIGEST Web