ここから本文です

【横浜FC】指揮官も脱帽する2度のPKストップ!!  GK南を“神ってる”状態に導いたスイッチとは?

SOCCER DIGEST Web 9月19日(月)7時0分配信

“神ってる”と指揮官も脱帽する、2度のPKストップを披露。

[J2第32節]横浜FC2-0京都/9月18日/ニッパツ
 
 2-0――。公式記録だけ見れば、ともすると2得点のFWイバに目が行ってしまいがちだ。しかし、この日の“本当の主役”は、GK南雄太だった。
 
 2点リードで迎えた74分、途中出場の楠元秀真がペナルティエリア内で相手を倒して、PKを献上した場面で最初の見せ場がやってくる。キッカー・キロスはゴール左下を狙って右足を一閃。対する南は、「(キロスが)目線を切るのが早かった」とコースを予測して迷わず右に飛び、強烈なシュートを弾き出した。
 
 チームは試合終了間際の87分にもPKを与えてしまうが、再び南が立ちはだかる。続くキッカーはエスクデロ。「スカウティング通りだった」と再び右に飛び、ゴールを守り抜いた。「2本止めるのを見るのは初めて」(中里崇宏)という離れ業に、中田仁司監督は「“神ってる”」と、プロ野球で広島東洋カープが25年ぶりにリーグ優勝したことで流行となっているフレーズを用いて守護神を称賛。ただ、当の本人は「必死にやっているだけ」だったと振り返る。
 
「みんなが点を取って頑張ってくれていたし、(京都に)1点取られたらもっと押し込まれると思って、無失点にこだわっていました。余裕はないけど、開き直れたというか、あれで入れられても仕方ないなと(笑)。迷った時は、結構PKは決められてしまうんですが、ある程度(飛ぶ方向が)スパッと決まったのと、タイミングがピッタリだったので」
 
 19年のキャリアを誇る南を持ってしても、「記憶にない」という1試合で2度のPKストップ。「PKは以前から得意か?」との問いかけには、「どうなんですかね(苦笑)」と言葉を濁したものの、日頃のトレーニングで行なっているチームメイトとのPK練習が一役買ったと明かす。
 
「イバとか、津田(知宏)、ジャンボ(大久保哲哉)は、必ず試合の2日前からPK(の練習)をやる。彼らのPKは全然止められないけど、(練習を)やることでタイミングとか合ってきますからね」

【横浜FC×京都】Jのピッチで11年越しの初対戦。浦和ユース出身の“心友”が誓う次なる再会

1/2ページ

最終更新:9月21日(水)17時2分

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]