ここから本文です

王者ユベントスを撃破! インテルに現われた救世主とは?

SOCCER DIGEST Web 9月19日(月)17時46分配信

EURO2016で欧州制覇に貢献。

 9月18日に開催された「イタリア・ダービー」(セリエA4節)で、王者ユベントスに見事な逆転勝ち(2-1)を収めたインテル。
 
 負ければユベントスとのポイント差が8に開き、スクデット争いから大きく後退するだけでなく、フランク・デブール新監督の解任論が浮上しかねない状況だっただけに、勝点3以上に大きな白星と言える。
 
 この大一番で本拠地デビューを飾り、推進力のあるドリブルと豊富な運動量で、4年ぶりとなるユベントス戦勝利の立役者のひとりとなったのがMFジョアン・マリオだ。
 
 セリエA開幕後の8月28日にスポルティング・リスボンから加入したポルトガル代表は、11日のペスカーラ戦(セリエA3節)で初出場。9月上旬にワールドカップ予選があり、チームに合流して間もなかったにもかかわらず、4-2-3-1のセントラルMFで先発フル出場を果たし、今シーズン初勝利に貢献した。
 
 そして、前述のユベントス戦では4-3-3のインサイドハーフとして攻守に躍動。開幕2戦で勝点1しか獲れなかったチームが、マリオが出場した途端に連勝を飾ったのだから、まさに救世主と言っていいだろう。
 
 ちなみに、格下のハポエル・ベエルシェバ(イスラエル)に0-2で完敗した15日のヨーロッパリーグ(EL)に、マリオは出場していない。ファイナンシャル・フェアプレーの制裁により、メンバー登録ができなかったからだ。
 
 この23歳の新鋭は、ポルトガル第2の都市ポルトで生まれ育った。9歳でFCポルトの下部組織に入団したものの、2年後に首都リスボンに移り住み、スポルティングのアカデミーで技を磨いた。
 
 11年12月、ELのラツィオ戦でトップデビュー。セトゥーバウでの1年の武者修行から復帰した14-15シーズンにレギュラーの座を獲得する。
 
 評価を一気に高めたのが、先のEURO2016だ。背番号10を背負って全7試合に出場し、母国の初優勝に大きく貢献した。
 
 当然、今夏の移籍市場でマリオに熱視線を送るクラブは多かった。なかでも熱心だったのがインテルで、成長株の若手をチームの軸に据えたい新オーナー(中国の蘇寧グループ)が、獲得に強くこだわったのだ。

【イタリア・ダービー|採点&寸評】イカルディが「ユーベ・キラー」ぶり発揮!

1/2ページ

最終更新:9月20日(火)22時50分

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]