ここから本文です

蓮沼執太『作曲的|compositions : rhythm』:リズムとアートの融合

ローリングストーン日本版 9月19日(月)11時30分配信

リズムが空間に立ち現れる知覚的なインスタレーション

音楽家として、「作曲」という手法をさまざまなメディアに応用し、映像、サウンド、立体などによるインスタレーションを発表してきた蓮沼執太。



東京で初となる大がかりな個展では、これまでの活動を包括しながらも、新たな領域へと踏み込み、現代における作曲のプロセスを異なるメディアに変換する試みが展開される。新作「rhythm"video"」は、人が楽器を演奏している映像を、映像制作アプリケーションによって編集することで、その映像自体が音楽の様に作曲されていくインスタレーション。吹き抜けのスペースでは、ひとつのオーケストレーションを奏でる、サイトスペシフィックな新作を設置予定だ。作曲というコンセプトを通して空間全体がひとつの音楽として立ち上がっていく。「リズム」をアートへと拡張しようとする、かつてない音楽体験がここに。

蓮沼執太『作曲的|compositions : rhythm』
2016年9月27日(火)~10月5日(水)
スパイラルガーデン
時間:11:00~20:00
入場料:無料
03-3498-1171
http://www.shutahasunuma.com/compositions/

Nao Amino

最終更新:9月19日(月)11時30分

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]