ここから本文です

夏目漱石はなんでこんなに女の人の怖いところがわかるんだろう? 石原千秋さんの「我が人生最高の10冊」

現代ビジネス 9月19日(月)15時1分配信

文学の目覚めは『どくとるマンボウ』から

 私の文学の好みの基準は、中身はもちろん、文章の良さにも重きを置いています。その傾向を生んだのが中学の頃に出会った、北杜夫『どくとるマンボウ』シリーズです。

 最初に読んだのが『航海記』で、とにかく面白い。当時出ていたシリーズはほぼ全部読みました。文章には「あまつさえ」という副詞が多用されるなど、独特の心地いいリズムがあって、上品なユーモアも感じられます。

 好きが高じて、中学校の作文の課題では、『どくとるマンボウ』の文章を真似して書いたんです。「あまつさえ」も頻繁に使いましたね(笑)。すると、詩人でもあった担任の牟礼慶子先生が、非常にほめてくださって。うれしくて、将来は文章で身を立てることができたらと思ったのを覚えています。

 私が今、文学に関わる仕事ができているのは、北杜夫の文章の影響と、牟礼慶子先生のおかげでしょうね。

 高校に入ると明治、大正の古典的な名作を文庫で読むようになりました。ほかにも井上靖の『しろばんば』、小林秀雄や亀井勝一郎の評論などが記憶に残っています。

 大学は国文科で学ぼうと決めていましたが、受験勉強はしなかった。興味のない授業は、机の下で文庫本を読んでいたくらいで、当然浪人します。

 そして浪人時代の夏、手痛い失恋をしましてね。夜に寝て、次の日の朝、起きた時、こんなに悲しいのにどうして目が覚めるんだろうと、不思議でしょうがなかった。

 悲しみから逃れるために、森鴎外や志賀直哉、島崎藤村などの文豪の作品を、受験直前の2月末までずっと、読みふけりました。そんな中で出会い、衝撃を受けたのが夏目漱石の『彼岸過迄』です。僕の漱石の初読は、実はこの作品なんです。

 須永というちょっと陰気で優柔不断な知識人の男が、幼馴染の千代子に、「結婚する気もないのに、私になぜ嫉妬するの」と、強くなじられる場面があります。ここを読んで、「やっぱり女っていうのは怖いな」と痛感。「漱石はなんでこんなに女の人の怖いところがわかるんだろう」と感じ入ったのを鮮明に記憶しています。

1/3ページ

最終更新:9月19日(月)15時1分

現代ビジネス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

「現代ビジネスプレミアム」

講談社『現代ビジネス』

月額1000円(税抜)

現代ビジネスプレミアムは「現代ビジネス」の有料会員サービスです。2万本以上の有料記事が読み放題!会員だけの特別記事も配信。豪華ゲストによるセミナーも開催中。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]