ここから本文です

フレックスタイム制が好評なのに廃止へ向かう理由

ダイヤモンド・オンライン 9月19日(月)6時0分配信

 満員電車に揺られなくていい、自分の裁量で自由にタイムマネジメントができる…などというメリットから、「フレックスタイム制」が組織のストレスを解消してくれる存在として注目され、一気に導入が進んだ時期がありました。

 ところが、最近はあまり良い話を聞きません。なかには導入を中止する会社も出てきました。それは一体どうしてなのでしょうか。今回はその原因となっている、フレックスタイム制のデメリットについて考えたいと思います。

● フレックスで職場がギクシャク?  不公平感アップ、人事部負担増の矛盾

 「フレックスタイム制って挨拶のタイミングが難しいですよね」

 そんな悩みを語ってくれたのは、派遣会社に勤務しているSさん。中途採用で入社したのですが、前職の会社では始業と就業時間が決まっていました。毎朝朝礼があり、出勤してくるタイミングも全員同じくらい。なので、出社してきたタイミングには「おはようございます」とお互いに挨拶したものでした。

 転職後の職場では当然新参者なわけですから、挨拶などを積極的に行い、徐々に皆様に馴染んでいこうと思っていますが、同僚たちがフレックスタイムを利用していて、Sさんと出勤時間が全く合わないのです。

 遅く出社してきた同僚に「おはようございます」と挨拶しても、「今頃来たのですか? 」というイヤミに受け取られるのは嫌だと思い、挨拶も徐々にしなくなってしまいました。すると、徐々に疎外感を感じる状況になってしまったようです。フレックスタイム制はいいことばかりのように思えていましたが、こんな風に悩んでいる人がいたのですね。

 同じように悩みを抱えていたのが、広告代理店に勤務しているGさん。マーケティング部門のリーダー職に就いているのですが、チームでプロジェクトを推進したくても、メンバーの出社時間がまちまち。

 「チーム全体の会議の設定さえ調整が困難。チームをまとめることが簡単ではない」

 との悩みを教えてくれました。

1/3ページ

最終更新:9月19日(月)6時0分

ダイヤモンド・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

特集 国税は見ている 税務署は知っている
あなたに迫りくる徴税包囲網の真実
特集2 企業サイトの事業貢献度測定
ウェブサイト価値ランキング2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]