ここから本文です

朗読劇『恋工場』が開幕。AKB48グループ85名が語る恋の物語とは?

週刊SPA! 9/19(月) 11:00配信

 AKB48グループのメンバー総勢85名によるリーディングシアター『恋工場』が18日、東京・ベルサール渋谷ガーデンCホールにて開幕し、初日の公演を務めたAKB48の峯岸みなみ、大島涼花、倉野尾成美、田野優花、宮崎美穂の5人がゲネプロに参加した。舞台は25日までの全17公演あり、今年はNGT48のメンバーが初参戦、演出は朗読劇『アドレナリンの夜』に引き続き堤幸彦が務める。

⇒【写真】ゲネプロに参加したメンバーたち

 本作は、秋元康の恋愛短編集『恋工場』をベースに舞台化されたもの。昨年、『アドレナリンの夜』でも演出に携わった堤幸彦により、AKB48と姉妹グループのメンバー85名が公演ごとに5名ずつ朗読劇に挑戦する。客席を間を縫うようにジグザグに配置されたステージを5人のメンバーが移動をしながら、恋にまつわる様々な物語を読み上げていく。5人が登場するオープニングに始まり、第1話「一人舞台」から第10話「降水確率」までを一人が2話ずつ読み、劇は進んでいく。再び、5人が揃い第11話「せかいのおわり」を読み上げ、エンディングへと続いていく。

 朗読や簡単な身振りのみの劇は表現力も求められる。85名のメンバーがそれぞれどんな表現で魅せてくれるのか。そして、5人の化学反応がどんな結末を描くのか。各公演ごとに楽しみがありそうだ。

取材・文・撮影/ヤスオ

日刊SPA!

最終更新:9/19(月) 11:00

週刊SPA!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊SPA!

扶桑社

2016年12月6日号
11月29日発売

¥390

・[死ぬまで年収300万円]の病巣
・眼を劇的によくする方法
・[(裏)流行語大賞]2016
・【インタビュー】ピコ太郎と古坂大魔王

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。