ここから本文です

シンプルだけど小ワザが効いた「なすとえびのバター照り焼き」レシピ

東京ウォーカー 9月20日(火)15時30分配信

シンプルにメイン2品を炒め、最後にバターを絡めて香りづけ。とろとろ食感のなすと、香ばしく焼いたえびの組み合わせが絶妙だ。ポイントは炒める前にえびに小麦粉を薄くまぶしておくこと。これでえびはぷりっとした食感に仕上がり、とろみのついた仕上がりに。ご飯のおかずはもちろん、おつまみにもぴったりの一皿だ。

【写真を見る】なすは、へたのとげがとがっているものが新鮮

【なすとえびのバター照り焼き】(1人分382kcal、塩分2.0g)

<材料・2人分>なす3個、えび8尾、あれば長ねぎの青い部分1本分、合わせ調味料(みりん、酒各大さじ4、しょうゆ大さじ1)、小麦粉、サラダ油、バター、こしょう

<作り方>

(1)なすは1.5cm厚さの輪切りにする。ねぎは1cm幅に切る。えびは尾と殻を除き、背に浅く切り目を入れて背わたを除き、小麦粉を薄くまぶす。

(2)フライパンに油大さじ2を熱してえびを入れる。途中上下を返しながら焼きつけ、表面の色が変わったらいったん取り出す。

(3)同じフライパンになすを並べ入れる。途中上下を返しながら両面を焼きつけ、こんがり焼き色がついたら、えびを戻し入れる。ねぎ、合わせ調味料も加えて強火にし、汁けをとばしながらからめる。

(4)とろみがついたらバター10gを加えてからめ、こしょう少々をふる。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】 

最終更新:9月20日(火)15時30分

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

里山&里海へ1dayトリップ
秋のイベント大収穫カレンダー
いしかわまるごとWalker
築地市場へ行こう

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]