ここから本文です

シンプルだけど小ワザが効いた「なすとえびのバター照り焼き」レシピ

東京ウォーカー 9/20(火) 15:30配信

シンプルにメイン2品を炒め、最後にバターを絡めて香りづけ。とろとろ食感のなすと、香ばしく焼いたえびの組み合わせが絶妙だ。ポイントは炒める前にえびに小麦粉を薄くまぶしておくこと。これでえびはぷりっとした食感に仕上がり、とろみのついた仕上がりに。ご飯のおかずはもちろん、おつまみにもぴったりの一皿だ。

【写真を見る】なすは、へたのとげがとがっているものが新鮮

【なすとえびのバター照り焼き】(1人分382kcal、塩分2.0g)

<材料・2人分>なす3個、えび8尾、あれば長ねぎの青い部分1本分、合わせ調味料(みりん、酒各大さじ4、しょうゆ大さじ1)、小麦粉、サラダ油、バター、こしょう

<作り方>

(1)なすは1.5cm厚さの輪切りにする。ねぎは1cm幅に切る。えびは尾と殻を除き、背に浅く切り目を入れて背わたを除き、小麦粉を薄くまぶす。

(2)フライパンに油大さじ2を熱してえびを入れる。途中上下を返しながら焼きつけ、表面の色が変わったらいったん取り出す。

(3)同じフライパンになすを並べ入れる。途中上下を返しながら両面を焼きつけ、こんがり焼き色がついたら、えびを戻し入れる。ねぎ、合わせ調味料も加えて強火にし、汁けをとばしながらからめる。

(4)とろみがついたらバター10gを加えてからめ、こしょう少々をふる。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】 

最終更新:9/20(火) 15:30

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。