ここから本文です

新店が加わってパワーアップ!NU茶屋町が増床オープン

東京ウォーカー 9/20(火) 16:00配信

大阪・茶屋町のランドマーク的存在、NU茶屋町とNU茶屋町プラスが9月9日に増床オープンした。“次の土曜日、何しよう!?”をテーマに、NU茶屋町には2つの、NU茶屋町プラスには6つの店舗が新規出店。さらにNU茶屋町プラスには2つの増床・リニューアル店も加わり、パワーアップした。

なかでも注目は、NU茶屋町プラス2階に登場した「DOUBLEDAY(ダブルデイ)」。新しさと懐かしさを掛け合わせた、“Retro Fusion~レトロフュージョン~”をコンセプトに、国内外からのセレクトからオリジナルまで、使うほどに味がでるアイテムを展開。また、阪急不動産とのコラボによる、リノベーション実例紹介コーナーも設置され、トータルでライフスタイルを提案する。

NU茶屋町の注目店は、地下1階に登場した「KARE」。ドイツのミュンヘンから始まり、今では、世界40か国で120店以上を展開するインテリアブランドで、トレンドやスタンダードながら、独自のクレイジーな解釈を加えた個性的なアイテムを展開する。

その他にも、コスメからステーショナリー、ファション雑貨まで行きたくなるような店が満載で、茶屋町エリアのさらなる魅力アップに一役買いそうだ。【関西ウォーカー編集部/横井哲也】

最終更新:9/20(火) 16:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。