ここから本文です

1968年創業の洋菓子店「赤い風船」が大阪に期間限定で出店

東京ウォーカー 9月20日(火)20時2分配信

九州の福岡・長崎佐世保で店舗展開する1968年創業の洋菓子店「赤い風船」が、9月22日(木)から9月28日(水)までの期間限定で大阪・SWEETS BOX淀屋橋店に出店する。

【写真を見る】秋限定「マロンフォンダンフロマージュ」(1728円)

「とびきり美味しいケーキをつくってたくさんの人に喜んでもらいたい」。

チーズケーキを中心としたスイーツを、ひとつひとつ心をこめてつくりあげている「赤い風船」。今回の期間限定出店では、同店人気No.1のチーズケーキ「フォンダンフロマージュ」(1728円)や、秋限定「マロンフォンダンフロマージュ」(1728円)、安納芋の餡を使ったフィナンシェ「博多ポテジェンヌ」(6個入648円)など、手土産にもぴったりのスイーツが用意されている。

「フォンダンフロマージュ」は、ふわとろの食感を楽しめるチーズケーキ。クリームチーズを使用してふわっとした食感に仕上げ、スフレチーズケーキをカットすると、中にはとろりとした口あたりのチーズカスタードクリームが入っている。

季節限定の「マロンフォンダンフロマージュ」は、ほくほくとした栗を使用し、ふんわりとろけるチーズケーキに仕立てた贅沢な味わいが特徴。栗の香り豊かなふんわりチーズスフレに、ジャージー牛乳をつかった口どけの良いカスタードクリームと、栗の渋皮煮をいれて焼き上げている。

「赤い風船のチーズケーキ」(2057円)は、パインののったふわふわスフレチーズケーキ。「赤い風船といえばチーズケーキ」と言われるきっかけになった、ロングセラー商品となっている。

「博多ポテジェンヌ」は、ドレスのスカートのような可愛らしいドーム型に焼き上げたフィナンシェ。種子島産・安納芋を使った濃厚な甘さの芋餡を、生削りのパルメジャンチーズ、芳醇なバター、アーモンドの香ばしさにこだわった生地で優しく包み込んでいる。

九州の老舗洋菓子店の味を、大阪で味わえるこの機会を逃すな。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

最終更新:9月20日(火)20時2分

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

里山&里海へ1dayトリップ
秋のイベント大収穫カレンダー
いしかわまるごとWalker
築地市場へ行こう

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]