ここから本文です

大谷翔平にかかってる!? 日ハム、大逆転優勝のカギ〈週刊朝日〉

dot. 9月21日(水)16時0分配信

 広島カープが独走で優勝したセ・リーグと対照的に、パ・リーグは終盤までもつれている。日本ハムが“最大11.5ゲーム差からの大逆転優勝”を果たせるか。

 日ハムは6月24日時点で、独走の首位ソフトバンクと11.5ゲーム差もつけられ、3位だった。

 しかし、8月6、7、21日と3度、ソフトが勝てばマジックナンバー点灯という直接対決を制し、点灯を阻止。21日の勝利で今季の対ソフト戦での勝ち越しを決めた頃から、優勝争いをマッチレースへと持ち込んでいった。

 日ハムの同カード勝ち越しは実に6年ぶり。「メジャーリーグに入ったらいいのに」と揶揄されるほど金満巨大戦力のソフトと伍する戦いを続け、パ・リーグを盛り上げてきた。

 スポーツ紙デスクは日ハムの強さをこう分析する。

「ソフトが負け越しているチームは日ハムだけ。防御率はソフトが上ですが(ソフト3.09、日ハム3.18。以下全て数字は9月16日現在)、打率(日ハム2割6分5厘、ソフト2割6分1厘)とホームラン数(日ハム114本、ソフト102本)は日ハムが上。特徴的なのは盗塁(日ハム123、ソフト97)と犠打(日ハム160、ソフト132)。日ハムは共にリーグトップです。西川遥輝、中島卓也、田中賢介ら足の速い選手が多く、投手にプレッシャーをかける嫌らしい攻撃ができます」

 さらにベテラン記者に聞いてみると……。

「特に西川が一番打者として定着できたのが大きい。彼が塁に出て、それを大谷翔平か中田翔が返すのが日ハムの得点パターン。中田は打点王争いでリーグトップ(105)ですけど、実は得点圏にランナーを置いてチャンスに打席に立った数が、190回近い。打点2位(98)の西武のメヒアはそれが100そこそこです。中田がいかに打点を稼げるチャンスをつくってもらっているか。もし日ハムの優勝が実現したら、MVP候補の一番手は大谷ですが、二番手は西川です」

 日ハムの優勝争いのキーマンはやはり、二刀流・大谷。7月にマメをつぶしてフォームを崩し、打者に専念した。チームは8月24日にリーグトップで70勝に到達。114試合目での到達は球団最速で、25日に首位に立った。ただ、その翌日に大谷が体調不良で欠場するとチームは西武に大敗。1日で2位に転落した。

1/2ページ

最終更新:9月21日(水)16時0分

dot.

記事提供社からのご案内(外部サイト)

dot.(ドット)

朝日新聞出版

「AERA」毎週月曜発売
「週刊朝日」毎週火曜発売

「dot.(ドット)」ではAERA、週刊朝日
アサヒカメラの記事や、dot.独自取材の
芸能記事などを読むことができます。さらに
アサヒパソコンのオンライン版もあります!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]