ここから本文です

仲間由紀恵で「脱マンネリ化」? 15シーズン目の「相棒」に漂う危機感〈dot.〉

dot. 9月21日(水)11時30分配信

 15シーズン目を迎えるドラマ「相棒season15」(テレビ朝日系)が10月12日からスタートする。10月期のテレビ朝日は「ドクターX~外科医・大門未知子~」の第4弾も始まり、高視聴率ドラマの揃い踏みで早くも“一人勝ち”の感さえある。

 「相棒」では、かねて“5代目相棒”候補と噂されていた女優の仲間由紀恵(36)が再登場する。仲間演じる総務部広報課長の社美彌子は、2014年10月から15年3月に放送された「season13」以来、2シーズンぶりの登場となる。しかも、今回から正式に警視庁の一員となる反町隆史(42)演じる冠城亘が広報課に配属され、美彌子の部下になるという設定だ。 

 杉下右京を演じる水谷豊(64)は「驚きましたねぇ、本当に驚きました。(冠城は)僕のところに来ると思っていました」とコメントしているが、「胸中穏やかではない」と話すのはテレビ誌記者だ。

「前クールは15.8%で民放ドラマ視聴率ではトップでしたが、これまでの数字から見ると、平凡な結果です。シーズン10からシーズン13までは4年連続で19%台をマークして右肩上がりだったのが、伸び悩んでいます」

 「1シーズンだけの相棒」説が囁かれていた反町も、視聴率が低迷するたびに“戦犯扱い”されていたという。前出のテレビ誌記者が続ける。
 
「むしろ、前評判以上に反町のキャラがハマってるという声が多いぐらいでした。取り上げられる話題といえば、反町の続投か、仲間か? といったものばかりですが、低迷の原因はむしろ、ストーリーのマンネリ化ですね……」

 相棒の脚本といえば、人気、実力ともに申し分のない脚本家が名前を連ね、よく練られたストーリーが人気だが、「ちょっと長すぎた春になって、飽きがきているのかも」とみるのはスポーツ紙記者だ。

「このタイミングで仲間の登場となれば話題性は抜群です。仲間は17年公開予定の『相棒‐劇場版IV‐』にも出演していますし、何より水谷さんのお気に入り。仲間自身は、しばらくは連ドラを控えて妊活をする予定だったのですが、水谷とテレ朝のたっての願いで出演を決めたそうです。それだけ現場は危機感を持っているということでしょうね」

 妊活中の仲間の登場によって、マンネリ化を打破し、史上最高視聴率を狙えるだろうか?(ライター・黒田翔子)

最終更新:9月21日(水)12時31分

dot.

記事提供社からのご案内(外部サイト)

dot.(ドット)

朝日新聞出版

「AERA」毎週月曜発売
「週刊朝日」毎週火曜発売

「dot.(ドット)」ではAERA、週刊朝日
アサヒカメラの記事や、dot.独自取材の
芸能記事などを読むことができます。さらに
アサヒパソコンのオンライン版もあります!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]