ここから本文です

【ゴルフ】ボールの位置を2、3個ずらして打ってみよう!

BEST TIMES 9月20日(火)12時0分配信

 「理論」に傾倒するより、遊んで“対応する力”を身につけよう! 

 「ショートゲームで遊ぶって、どういうこと?」と思う人もいるでしょう。ゴルフに真面目に取り組んでいる人ほど、こんな疑問を抱かれるかもしれません。ですが、遊びですから難しく考えることはありません。
 たとえば「ボール位置」を変えてみる。今のボール位置を左右にズラすのです。すでにやっている方もいらっしゃるとは思います。でもアマチュアの方は、せいぜいボール1個分左右にズラす程度。2個分、3個分と大きく動かしている人はほとんどいないでしょう。
 アマチュアの方の多くは、正しいやり方を身につけたいと考えています。ですから、自分にとってベストなボール位置だけを知りたがります。もちろん意味のないことではありません。基準を設けるのはいいことです。
 しかし、そのボール位置は絶対ではありません。特にアプローチでは、すごく右や左に寄せないと対応できないケースがあります。コースでは平らなライがありませんから、むしろ「自分はここ」と決めたボール位置では打てないことが多いでしょう。そうなると、2~3個、あるいはもっと大幅にボール位置を変える状況には対応しきれないのです。

 また、ボールの位置は真ん中のまま、「フェースを閉じてインサイド・アウトに」「開いてカットに」振ってみるのもいいでしょう。両者の打球はどう違うのか、地面に落下したボールの転がり方や距離はどうなのかを遊び半分で観察する。するとフェースを開くとボールが上がることがわかり、距離の近いバンカー越えなどに対応できるようになります。

 
 ショートゲームはひとつのやり方だけでは対応しきれません。グリーン周りの状況やグリーンの形状など、プレーする環境や状況が毎回違うため、ひとつの型にはめて対応するには限界があるのです。しかし、今の時代は理論ばかりが先行しています。「こうやれば上手くいく」という言葉に惹かれてやってみる。でも、上手くいかない……。それもそのはず。そのやり方が通用する状況は極めて限定されるからです。
 なにかをひとつ学んでも、そこから派生してくるものがないとショートゲームは上達しません。すべての状況に対応できる策を、理論に基づいて構築するのは無理。だから遊ぶべきなのです。これはゴルフにおける本質的なことですから、やれば誰もが上手くなれると思います。ただ、毎日ちょっとずつやらねばならないので、ちょっとキツいかもしれません。だからこそ、“遊び感覚”でやってほしいのです。

写真/圓岡紀夫

最終更新:9月20日(火)12時0分

BEST TIMES

記事提供社からのご案内(外部サイト)

BEST TIMES

KKベストセラーズ

笑える泣ける納得する!KKベストセラーズ
の編集者がつくる「BEST TIMES」
(ベストタイムズ)。ちょっとでも皆さんの感
情を揺さぶれたらいいな、と思います。