ここから本文です

中国や朝鮮の文化とはまったく異なる日本文化。清浄感こそが最大の特徴である

BEST TIMES 9月20日(火)17時0分配信

「いま誇るべき日本人の精神」(ベスト新書)を上梓。日本人は戦後いかに変わり、そして大事なものを失ってしまったのか。また日本人が本来もつ美徳とは何なのか。保守派の重鎮である加瀬英明氏から話を聞いた。

 今日、エコロジーが、人類の新しい宗教となっている。

  自然と共存しなければ、人類が生き伸びられないことが、理解されるようになっている。
 日本文化の最大の特徴は、いったい、何だろうか? 
 ひとことでいえば、清浄感である。神道は、何よりも穢れを嫌う。清い心を持つことを、求める。
 いま、世界的なブームとなっている和食をとれば、淡白で、できるかぎり自然を、そのまま取り入れている。素材の味を損なわずに、自然の恵みを楽しもうとする。
 それに対して、中華料理や、フランス料理はさまざまな素材を用いて、もとの素材にない味をつくりだす。凝ったソースがそうだが、まるで化学の実験のようだ。
 日本文化は、太古のむかしから、中国や朝鮮の文化と、まったく異なっていた。
 和食には、山や、森や、川や、海の霊気が、宿っている。私たちからみると、中国や、西洋の料理は、人の手が加わりすぎている。
 中国や西洋では、厚い鉄鍋が調理の主役だ。日本では素材を大事にするから、包丁だ。
 私は仕事で、ヨーロッパや、中国、インドを足繁く訪れたが、インド料理も、素材の味をそのまま、活かすことがない。東アジア料理も、強い香辛料が、売り物となっている。
 たしかに、私たちは中国や、朝鮮から仏教をはじめ、制度、儒教など、多くを学んできた。漢字もそうだ。だが、遣唐使が豚や、羊を連れてくることが、なかった。
 美しいという漢字は、「羊が大きい」と書く。私たちの美意識は中国人のように、唾液腺にかかわることがなかった。
 日本人の美意識は、雅にある。派手なものや、金銀のように光るものを、嫌ってきた。雅の語源は、平安朝の「宮び」からきているが、そこはかとない美しさや、香りを尊んだ。
 中国の歴代の皇帝が住んでいた、北京の故宮というと、紫禁城を訪れると、まばゆいばかりの財宝が展示されている。
 私は皇居の新宮殿にあがったことがあるが、金銀の光るものが、何一つない。ただ、気品が漂っている。
 十一世紀前半の紫式部の『源氏物語』は、雅の文学であるが、「風涼しくてそこはかとない虫の声が聞こえ」(帚木)というように、雅は抑制された美である。
『源氏物語』は、私たちに平安の香りの文化を、伝えている。
 梅の香が、しばしば登場する。梅も橘も、日本の原産種ではなく、中国から船で、豚や、羊のかわりに、持ち帰ったものだ。
 私は中国に、全員が人民服を着ていたころから、しばしば招かれたが、不潔なのに閉口した。
 漢字で「家」を漢和辞典でひくと、ウ冠の屋根の下に、豕がいると説明している。同じ屋根の下で、豚と暮していたのだ。
 中国で墓参の時や、台湾でも廟に、豚の頭を丸ごと供える。私たちには、生臭さすぎる。
 神道では神前に、榊を供える。榊はツバキ科の常緑樹で、清々しい光沢が美しい。
『源氏物語』の「賢木」に、光源氏が多くの恋人のなかの一人に、「変らぬ色をしるべとして」(自分のあなたへの心は、いつも変わらない)という和歌に、榊の葉を添えて、贈る場面がある。
 和食は、西洋料理や、中華料理、韓国、インド料理と違って、清浄さと、何よりも季節を大切にする。私たちは、そこはかとない、繊細な隠し味を楽しむ。日本人は心を遣うから、何ごとについても、繊細なのだ。
 自然は、自分をそのまま見せる。誇張することがない。
日本人は心の民として、つねに和を重んじて、自己主張することがなく、自制して、自然の清らかさを求めて、生きてきた。

文/加瀬 英明

最終更新:9月21日(水)17時15分

BEST TIMES

記事提供社からのご案内(外部サイト)

BEST TIMES

KKベストセラーズ

笑える泣ける納得する!KKベストセラーズ
の編集者がつくる「BEST TIMES」
(ベストタイムズ)。ちょっとでも皆さんの感
情を揺さぶれたらいいな、と思います。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]