ここから本文です

橋之助と三田寛子の会見に倉田真由美「普通の感覚では想像できない気持ちの悪い世界」

週刊女性PRIME 9/20(火) 7:12配信

 25分間で8回の「不徳」。20年間付き合いのあった30代の芸妓と、ホテルで小1時間の逢瀬を楽しんだ中村橋之助。『週刊文春』の報道を受け、9月14日に謝罪会見を開いた。

「10月に父の名跡『中村芝翫』を襲名する橋之助さんは、浅草寺で行われた襲名披露のお練りのあった8月29日の夜、京都の芸妓さんとホテルで密会。それ以外にも2度、ホテルで逢瀬を重ねていたようです」(スポーツ紙記者)

 肩を落とし、神妙な面持ちで会見場にやって来た橋之助は、自らのしでかした行為を“不徳”と表現し、連呼した。

「私ども歌舞伎界と京都のそういう方たちというのは、すごく深いつながりがございますんでね。お目にかかったのは……もう20年以上前。まぁ、とにかく私の不徳のいたすところでございます」

 会見で女性との関係を問われると、時折、言葉を詰まらせながらそう答えた。女性に関する質問が飛ぶと、ほぼすべてに「私の不徳のいたすところ」と濁した。

 普通、不倫がバレた男性がいちばんに謝罪し、思いやるべき相手は妻であるはずだ。

 しかし、彼の“いちばん”は妻である三田寛子ではない様子。

「今回、まず第一に! 考えなくてはいけないのは、やはり襲名興行でございます」といった言葉を枕に置き、何より大事なのは襲名、そしてそれを助けてくれるご贔屓へのお詫びだと繰り返した。

 夫の会見から2日。妻の三田寛子も会見を開いた。「ふたりで朝ごはんを食べてきた」という三田は夫の“不徳”に対し、

「本当にお恥ずかしい限り。ご贔屓筋のみなさまにも心配とご迷惑をかけましたので、家族で力を合わせてこの襲名に臨んで、頑張っていきたいと思っております」

 と話し、離婚は「ないで~す!」と明るく否定した。

 『だめんず・うぉ~か~』などで知られる漫画家の倉田真由美さんは橋之助の会見を、

「歌舞伎界のすごく独特な優先順位、価値観を感じました。このタイミングじゃなかったら、もっとふてぶてしいような態度だったのかもしれませんよね。襲名がなかったら、問題ないでしょ? みたいな感じがあった」

 会見中、「許す、許さないということよりも、まず夫婦で結束して、みなさま方にお詫びを」と話したことには、

「夫婦の絆だなんて妻の寛子さんが言うならわかるけど、当たり前のように、不倫した夫が言うとは。奥さんまでお詫び行脚をしなきゃいけないなんて、普通の感覚では想像できない気持ちの悪い世界だと思いました。

 歌舞伎界にかかわらず今でも“芸の肥やし”と女遊びを許している人もいると思いますが、そういったことは外に出すことではないので、夫婦間の“恥”と思うべきです」(倉田さん)

最終更新:9/20(火) 7:12

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月6日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。