ここから本文です

【ママ友にドン引き!】我が家は無料託児所じゃない!毎日手ぶらで子どもを預けに来るお困りママ

ファンファン福岡 9/20(火) 17:10配信

この夏、我が家はまるで託児所でした。
我が子じゃない子どもと、一緒に過ごすことが、こんなにストレスの溜まるものとは・・・。
皆さんの周りにも、こんなお困りママ、いるかもしれませんよ。

もしあの時に戻れるなら、どんな事情があっても、お断りしたい・・・

Aさんは、小学生のお兄ちゃん(以下A兄)と、幼児園児の妹(以下A妹)を育てるママ。

近所の公園や子育て支援センターで、頻繁に顔を合わせるうちに、A妹と娘が意気投合し、親子ぐるみで仲良くなりました。

いつも子育てにキリキリ精一杯な私と違って、Aさんは、叱らない育児を実践する、おおらかなママ。
少し天然なAさんの性格も新鮮で、お互いの家で、子供を遊ばせながら、お茶をすることもありました。

良い関係に変化があったのは、幼稚園が夏休みに入った直後のこと。

Aさんから、こんなLINEメッセージが届いたのです。

「以前パートで働いていた職場で欠員が出て、夏休みの間、ヘルプに行くことになったの。お兄ちゃんの小学校が夏休みに入ったら、私の実家へ連れて行く予定だから、3日間だけ、妹ちゃんをおうちで遊ばせてもらえないかな?」

ちょうど娘も、幼稚園のお友達と会えずに、退屈そうだったので、3日だけならとOKしました。
もしあの時に戻れるなら、どんな事情があっても、お断りしたい・・・そう悔やんでなりません。

1日目、A妹は、小さなお弁当を持ってやってきました。

楽しそうに遊ぶ子供たち。来てもらって良かったなと思ったのも束の間、お昼ごはんの時間になると、A妹はあっという間にお弁当を完食し、我が家のお昼ごはんを欲しがるのです。
断るのも可哀想で、私の分を分けてあげると、A妹は「美味しいねー」と頬張っていました。オヤツは持参していなかったので、我が家のオヤツを出すと、モリモリと完食!
夕方Aさんが迎えに来るまで、子供同士で仲良く遊びました。


2日目と3日目。A妹は、なぜかお弁当を持たずに手ぶらでやってきました。

「A妹ちゃん、お弁当は?」と尋ねると、「ここのごはん、とーーっても美味しいから、また食べたいんだ。お弁当よりずっと美味しいだもん!」とニコニコ。
もう今日で3日間のお預かりも終わりだからと諦め、お昼ごはんを取り分けていると、ピンポーン!玄関のチャイムがなりました。

1/2ページ

最終更新:9/20(火) 17:10

ファンファン福岡

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ファンファン福岡

株式会社西日本新聞社

福岡市を中心としたエリアで発行するフリーペーパー。「福岡って楽しい!大好き!」という地元の方々と一緒に、魅力あふれる福岡の街や人、イベント、グルメスポットなどを随時更新。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。