ここから本文です

欧州蹴球4コマ漫画「GOOD TIMES BAD TIMES」Vol.6:イカルディがデブールの“首”を繋げる

SOCCER DIGEST Web 9/20(火) 18:37配信

まさに「ユーベ・キラー」に相応しい活躍を見せたエース。

 人気イラストレーターのJERRYが、欧州サッカーをファニーな4コマ漫画で切り取る「GOOD TIMES BAD TIMES」。

 第6回の主役は、インテルの指揮官とエースだ。

ロベルト・マンチーニの辞任により開幕まで2週間を切ったタイミングで招聘されたロナルド・デブールは、セリエA3試合で1勝1分け1敗と出遅れたうえ、ヨーロッパリーグ初戦でも格下ハポエル・ベエルシェバ(イスラエル)に惨敗。早くも解任が囁かれる事態に陥った。

 迎えた4節の相手は、セリエA5連覇中で今シーズンも3連勝と好調な絶対王者ユベントス。このイタリア・ダービーを前に「インテルは圧倒的不利」との予想が大半を占めた。

 試合はインテルが予想外の善戦を見せるものの、66分にシュテファン・リヒトシュタイナーに先制点を奪われ、1点のビハインドを負う。

 そんな苦境を救ったのが、エースにしてキャプテンのマウロ・イカルディ。68分にヘディングで同点ゴールを挙げると、78分にはクロスでイバン・ペリシッチの決勝弾をアシスト。「ユーベ・キラー」の愛称に相応しい大活躍を見せ、インテルを逆転勝利に導いたのだ。

 これで切れかかっていたデブールの“首”も、当分は繋がり続けるか。

【ミラン番記者】ベンチ生活の本田圭佑は一刻も早く身の振り方を考えるべきだ

最終更新:9/20(火) 18:37

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。