ここから本文です

キャサリン妃、公務にきわどいスリットの新ドレスで登場!

25ansオンライン 9/20(火) 22:10配信

16日(金)、ウィリアム王子と共に公務に向かわれたキャサリン妃。イングランドはハーロウにある、Stewards Academyを訪問されました。ここは、キャサリン妃がパトロンとなられている、Place2Beがサポートをしているスクールのひとつで、なおかつケンブリッジ夫妻&ハリー王子の御三方で立ち上げられた、メンタルヘルスに関する「Heads Togetger キャンペーン」も取り入れられているということで、視察にいらっしゃいました。

【きわどいスリットスカートで歩くキャサリン妃】

この日はあいにく小雨も降っていたようですが、それにもかかわらずキャサリン妃は夏のような爽やかな出で立ちで登場。
スカイブルーに黒と白のドット柄のドレスは、おニュー! しかも、新デザイナー採用です。パリ出身で、ニューヨークを拠点とするブランド アルトゥザラ。 キャサリン妃にはめずらしく、男性デザイナーです。コンテンポラリーだけれど、モード感もある大人のためのお洋服がお得意です。おそらく、カナダツアーに向けた衣装をリサーチ中、このブランドを発見されたのでしょう。Vラインに開いたネックと胸元のヨークから取られたギャザーによって、自然にウエストがカービーになるパターンが美しいですね。キャサリン妃らしいポイントとも言えます。肩はパフで少し張ったラインが作られ、全体のバランスはやはりセクシーなボディラインに見えるよう細かく考えられたデザイン。

そして何と言ってもスカート脇のスリット!
登場後すぐ、歩かれているキャサリン妃の太ももがかなりきわどく、あらわになり、久々にビックリしました。これは、エリザベス女王からの“チェック”が入ったのではないでしょうか。

MIZUHO NISHIGUCHI

最終更新:9/20(火) 22:10

25ansオンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヴァンサンカン

ハースト婦人画報社

2017年1月号
2016年11月28日発売

特別定価:880円

『25ans』は、華やかで幸せな女性たちに、
今の時代のラグジュアリーを体験するための
インターナショナル・マガジンです。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。