ここから本文です

ライカ、インスタントカメラ「Leica Sofort」発表

WIRED.jp 9/20(火) 7:30配信

ライカとは、値段以上のパフォーマンスを見せてくれるブランドだ。そしてそのライカから、かわいらしいインスタントカメラが発売となる。

【もっと写真を見る】フォトギャラリーはこちら

「Leica Sofort」は、本格的なカメラと並べると取り立てて際立つ特徴はないが、むしろ本格さは求められていない。そこにあるのは、楽しさだ。ポラロイドカメラのようにその場で写真を見れて、見た目もおしゃれだ。撮影には富士フイルムのチェキ専用フィルム「INSTAX MINI」、あるいはクリームがかったフレームのライカブランドのフィルム(モノクロ/カラーの2種類)を使用できる。

Sofortは、2016年11月から300ドルで販売される予定だ(日本での予価は34560円)。従来のインスタントカメラの価格(例えば「ポラロイド・スナップ」は100ドル、富士フイルムの「チェキ」はさらに安価だ)を考えると、だいぶ高値だといえる。ただ、この製品はスタイリッシュなうえに、撮影時には細かい調整ができる。また〈自動〉〈パーティ & 人物〉〈スポーツ & アクション〉、そして〈マクロ〉の4つのモードが装備されており、撮影者の距離や明るさの調整も補助してくれる。さらに、フロント側にあるミラーは自撮りにも役立つ。

スペックの低さゆえ、普段はインスタントカメラを購入しないという人もいるだろう。しかし、Sofortのレンズは60 mm F/12.7、シャッタースピードは1/8から1/400秒、光学ファインダーを装備しバッテリーは数百の写真を撮影するのに十分だ。

率直に言えば、インスタントカメラとは写真のクオリティーのために買うのではなく、普段とは違う楽しみを見出すために買うべきなのだ。そしてSofortは、その多くをもっている。

BRIAN BARRETT

最終更新:9/20(火) 8:31

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。