ここから本文です

島袋寛子 21上から12下まで!SPEED婚約叶えた”歳の差攻略法”

女性自身 9月20日(火)0時0分配信

9月12日、自身のオフィシャルサイトで婚約したことを綴ったのはSPEEDの島袋寛子(32)。お相手は俳優の早乙女友貴(20)。早乙女太一(24)の弟で、島袋との年齢差はなんと12歳!2人は今年2月に劇団EXILE松組旗揚げ公演『刀舞鬼‐KABUKI‐』で共演。その後交際へと発展し、現在は同棲中。すでに結婚準備も進めているという。

早乙女もブログで《彼女のすべてに心惹かれ彼女に対して真の愛を感じました》と綴るなど、ラブラブなようす。そんな“歳の差婚約”成就の陰には、島袋の“尽くす愛”が大きく影響しているようだ。地元・沖縄ではこんな目撃談が――。

「昨年末くらいのことでしょうか。普天間基地からほど近いマンションに島袋さんが引っ越してきたみたいです。以来、何度もお見かけするようになりました。実家のご家族といっしょというわけではなく、島袋さん一人で住んでいるようです。でも夏以降、ぱったりみかけなくなりました」(近隣の店舗の店員)

 沖縄で姿を見なくなった時期は、早乙女との同棲を開始したであろう時期と重なる。彼のため東京へ“押しかけ移住”したのだろうか……。

「彼女の拠点はずっと東京にあるので、沖縄の家は現地での仕事で使っていたのだと思います。ただパタリと姿がみえなくなるほど完全に軸足を東京に移したのは、彼と一緒にいたいという強い思いからなのでしょう」(音楽関係者)

 もともと島袋には、恋愛となると周りが見えなくなるほど自分を彼色に染め上げる傾向があるという。たとえば04年には松本人志(53)との熱愛がささやかれたが、松本は島袋より21歳年上! 今とは逆の“歳の差カップル”だった。

「松本が41歳だったのに対し、島袋は21歳でした。彼女は交際すると結婚を意識するらしく、翌年には地元・沖縄へ婚前旅行に出かけたとの報道も。当時、自分の両親に松本を紹介するための“同伴里帰り”ではないかと言われていました」(芸能関係者)

 好きになったら、即行動。そんなSPEED感覚と、カメレオンのごとく変幻自在に自分を染められるフレキシブルさが、“歳の差の壁”を乗り越える秘訣のようだ。

最終更新:9月20日(火)0時0分

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2742号・9月6日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

「小林麻央がブログを綴る意味」
田口淳之介 初めて語った再出発の展望
田口淳之介 小嶺麗奈との結婚を示唆

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。