ここから本文です

カビを使って「捨て方に困るバッテリー」をリサイクルする研究

WIRED.jp 9/20(火) 10:10配信

今日、バッテリーは至る所に存在する。スマートフォンやノートパソコン、自動車やおもちゃなど、わたしたちが日々利用しているたくさんの機器の中に入っている。そして、それらは一度寿命を終えると、環境にとって潜在的に有害で、処理にコストのかかる廃棄物へと変わる。

【こんな研究も】尿と微生物でスマートフォンを充電しよう!

しかし、新しい発見がこの状況に大変革をもたらすかもしれない。ある種の菌類は、バッテリーから希少で有害な金属を自然な方法で抽出しうる環境インパクトゼロのリサイクルシステムとなりえるのだ。

問題の菌類は、一般的な3種類のカビ、クロコウジカビ(Aspergillus niger)、ペニシリウム・シンプリシシマム(Penicillium simplicissimum)、ペニシリウム・クリソゲナム(Penicillium chrysogenum)だ。

「わたしたちがこれらを選んだのは、ほかの種類の廃棄物から金属を抽出するのに効果的であるとすでに示されていたからです」と、南フロリダ大学の研究者、ジェフリー・カニンガムは語る。彼は米国化学会第252回大会においてこの発見を発表した。「抽出のメカニズムは似ているはずで、これらの菌類は使用済みバッテリーからもリチウムやコバルトを抽出することができるかもしれないと考えました」

この仮説を実証すべく、研究者たちはいくつかのバッテリーを解体して、その後、粉末にした陰極を3つの菌類の作用に晒した。実験の結果は彼らの正しさを認めた。カビから生じた酸は、バッテリーの中に含まれるリチウムの約85パーセント、コバルトの約48パーセントを抽出することを可能にした。

現在のプロセスではまだ、金属を溶解している酸から分離することができない。効率は確かに高いが、まだ要求されるレヴェルにはない。「わたしたちには、酸からリチウムやコバルトを除去する方法に関していくつかアイデアがあります。しかし、現時点ではまだアイデアに過ぎません」と、カニンガムは認める。彼はいま、研究チームとともに、効率を向上させるために、新しい種類のカビや、抽出プロセスを行う新しい環境を実験している。

いずれにせよ、研究の最も重要な部分はすでに通過したと、彼は主張している。「大きな前進は、菌類を用いることにより最初の金属の抽出が可能かどうかを解明したことでした」

SIMONE VALESINI

最終更新:9/20(火) 10:10

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。