ここから本文です

高畑裕太 母の苦労の陰で…入院先は”日本一のゴージャス病院”

女性自身 9/20(火) 0:00配信

 釈放から1週間。渦中の高畑裕太(23)は現在、埼玉県内にある心療内科の専門病院に入院している。

 入院初日、母・高畑淳子(61)が布団を運び入れ、釈放された息子と同じ病室に泊まり込んだことは、世間でもやや呆れ気味に報じられた。

「裕太さんがあの病院に入ったと聞いて、納得しましたね」と語るのは、同じ埼玉県内の精神科医師。

「あそこでは “病室”でなく“ゲストルーム”と呼びますが、全60室がすべて完全個室で、施設内にはヒーリングスパの施設もあります。診察時にも、ほかの患者といっさい顔を合わせることなく、診察室に行けるんです。なのに、費用は良心的。同じ施設が都内にあれば、1日の入院費が10万円かかってもおかしくないですが、差額ベッド代は最高級の部屋でも1万円以下です。同じグループの病院が儲かっているため、赤字でも構わないという経営方針のようですね」

 もちろん、入院は“紹介制”のみ。誰でも入れるわけではない。

「病院の理事長がやり手で政界とのパイプも太く、国会議員がリフレッシュ目的でお忍び入院することもあります。夜は22時が消灯時刻ですが、就寝する必要はありません。個室内で、自由に音楽鑑賞やテレビ鑑賞が可能ですよ」

 聞けば聞くほど、いまの裕太を入院させるためにあるような病院ではないか。

「私の知る限りでも、これほど高級ホテル並みの設備が整った病院は、全国でここだけ。日本一の病院と言ってもいいと思います」

 それもこれもすべては母の力か――。

 だが「9月24日から始まる、淳子さんの主演舞台『雪まろげ』。東京でのチケットはそこそこですが、事件のせいか、地方は苦戦しています」(演劇関係者)
 
はたして、母の苦労を裕太は知っているのだろうか――。

最終更新:9/20(火) 0:00

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。