ここから本文です

黒木メイサ、恐妻役に「夫役は赤西仁が良いのでは?」の声 “エロなし”に「つまんねーの」の声が殺到

おたぽる 9月20日(火)12時0分配信

 来月25日よりスタートする深夜ドラマ『拝啓、民泊様。』(TBS系)に、女優の黒木メイサと俳優の新井浩文が夫婦役でW主演することが決定したと、13日に発表されたのだが、黒木が演じるのは恐妻役ということで、ネット上では「夫役は赤西仁の方がリアリティが増すのでは?」「役作り、必要なさそう」などと指摘する声が飛び交った。

堀北真希、妊娠報道にファン祝福も「そのまま引退?」と危惧 「山本耕史の稼ぎだけで大丈夫?」の声も

 ドラマ『拝啓、民泊様。』は、民泊ビジネスを始めた夫婦をコメディタッチで描いた作品で、黒木が演じるのは“夫にビクビクされるような、怒らせると怖い妻の役”で、新井が演じる夫役は、会社をリストラされてしまったものの、そんな妻が怖くて言い出せずにいる、という設定で物語が展開していくとのことだが、黒木は、プライベートでも、2012年にデキ婚した、元・KAT-TUNの赤西仁を「アゴで使ってる」というウワサがネット上で流れたり、「一家の稼ぎ頭」「赤西を養ってる」などと指摘されることが少なくないため、「ドラマじゃなくて、赤西家のドキュメンタリー番組を放送すれば?」と、ドラマ制作サイドにアドバイスを送る声も。

「12年に結婚後、14年に赤西はジャニーズ事務所を退所し、それ以降は、好き勝手に音楽活動を続けているのですが、その一方で、黒木は、12年9月に長女を出産すると、翌年放送されたNHK大河ドラマ『八重の桜』で早くも女優業復帰。以後、立て続けに仕事をこなし、赤西よりもメディアへの露出が多いことで、いつしかネット上では『完全に一家の大黒柱』『赤西は頭が上がらなそうだな』などとささやかれるように。また、最近では、男性顔負けのハードな筋力トレーニングに励んでいる姿をTwitterなどにアップし、マッチョ化が進んでいるだけに、『赤西よりも強そう』という声も多く聞かれ、『メイサちゃんにビクビクしてる仁くんの姿が見てみたい』という要望が、双方のファンからも寄せられているようです」(芸能関係者)

 マッチョ化が進む黒木の肉体美をドラマ内で拝みたい、というファンは多いのだが、新井いわく「深夜ドラマですが、エロなし。下ネタなし。バイオレンスなし」ということで、「せっかく深夜に放送するのに、エロ要素なし?」「夫婦の夜の営みもしっかり見せないと、リアリティが生まれない」などと、否定的な声が殺到している。

「14年に公開された映画『ルパン三世』で峰不二子役を演じた際には、『峰不二子の巨乳には遠く及ばない』という批判の声はあったものの、それでも、推定Cカップの美バストに魅了された男性は多く、さらに、最近では、トレーニングのお陰で、峰不二子を演じた頃よりもさらにメリハリのある体つきとなっているため、『少しぐらい、お色気シーンも入れてよ』『恐妻なのに、夜は従順、てパターンだったら、より興奮するんだけど』などと、エロシーン挿入を要望する声が飛び交っています」(同)

 今月1日に放送された『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)で沖縄ロケを行った際には、とんねるずから、沖縄の伝統的な踊りを見せて欲しいとムチャぶりされても、しっかりと応えていた黒木なだけに、「エロシーンも要望すれば応えてくれるのでは?」と期待する声が広まっている。

最終更新:9月20日(火)12時0分

おたぽる