ここから本文です

ドルトムント香川に4試合ぶりの先発復帰が浮上! 盟友ゲッツェとの名コンビ復活か

Football ZONE web 9/20(火) 11:03配信

クラブ公式サイトが、4-1-4-1の左インサイドハーフでの先発を予想

 ドルトムントの日本代表MF香川真司が、20日に行われるブンデスリーガ第4節のヴォルフスブルク戦で4試合ぶりに先発復帰する可能性が浮上している。クラブの公式サイトで予想スタメンが公開された。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 香川は今季バイエルン・ミュンヘンとのドイツスーパーカップ(0-2)をはじめ、開幕から公式戦3試合連続で先発起用されたものの、直近の3試合ではベンチスタートとなっている。今月上旬の日本代表戦で足首を痛めた影響もあるが、ポルトガル代表MFラファエル・ゲレイロや元ドイツ代表MFゴンサロ・カストロらポジション争いのライバルが好調で、出場機会を減らしていた。

 6-0で快勝した前節(17日)のダルムシュタット戦で、後半途中から3試合ぶりにピッチに立った香川は、今節のヴォルフスブルク戦では4-1-4-1システムの左インサイドハーフで先発の予想。ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェの右インサイドハーフ起用が予想されているため、ユルゲン・クロップ監督時代に抜群の愛称を誇ったコンビが再結成される可能性が浮上している。

 中盤は他に右サイドにカストロ、左サイドにMFウスマン・デンベレ、舵を取るアンカーにはMFユリアン・バイグルが入りそうだ。古巣対決となる新加入のFWアンドレ・シュールレは負傷からの回復が間に合わず、欠場の見通しとなっている。

前節休養のオーバメヤンもスタメン復帰へ

 ドルトムントは10日のRBライプツィヒ戦(0-1)から、10日間で4試合目となる。ヴォルフスブルク戦の後にも再び中2日でフライブルク戦、中3日でUEFAチャンピオンズリーグのレアル・マドリード戦と続く過密日程となっている。ダルムシュタット戦で休養となったエースのFWピエール=エメリク・オーバメヤンも先発復帰が予想されるなど、トーマス・トゥヘル監督はターンオーバーを駆使しながら、このハードなスケジュールを乗り切ろうとしている。

 ドルトムント公式サイトによる予想先発メンバーは以下の通り。

GK
ビュルキ
DF
ピスチェク
ソクラティス
バルトラ
ゲレイロ
MF
バイグル
カストロ
ゲッツェ
香川
デンベレ
FW
オーバメヤン

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/20(火) 11:03

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。