ここから本文です

中高年ライダーの5人に1人が「リターンライダー」

@DIME 9/20(火) 20:28配信

 昨年(平成26年)、都内の二輪車による死亡事故で最も多かった年代は40代だった。背景にはリターンライダーの増加があるといわれている。ちなみに「リターンライダー」とは、若い時に二輪車免許を取得したが、様々な理由でオートバイに乗らなくなり、40代~50代になってから再び乗るようになったライダーのことを指す。SBIホールディングスが昨年、同社が運営する『保険の窓口インズウェブ』において、「中高年ライダー実態調査」を実施したところ、中高年ライダーのリアルな実態として「若い時のように運転できない」と7割が自覚していることがわかった。

 調査の結果、中高年ライダーのオートバイ利用シーンは「ツーリング」が47%、「デート」が29%となっており、中高年ライダーのほとんどが「若い時よりも安全運転に気をつけている」(95%)と回答した。また、リターンライダーの割合は、中高年ライダーの5人に1人(19%)で、半数以上が「子供と一緒にオートバイを楽しみたい(65%)」と答えている。

 多くの中高年ライダーは、目的問わずあらゆる移動手段としてオートバイを利用しており、「年齢を重ねても楽しめる趣味」として定着している。中高年ライダーがオートバイに乗り始めたのは、平均すると24歳の時。1980年代に起きたバイクブームの影響があるようだ。意外にも「デート」でオートバイを楽しむ中高年が29%いたことから、夫婦もしくは恋人、女性の友人とも趣味を楽しんでいる姿が想像できる。

 オートバイの運転に対する意識を聞いたところ、「若い時とは同じように運転できなくなった」と感じる中高年ライダーは72%。安全運転や運転マナーについて、ほとんどのライダーが若い時よりも注意していると回答した一方で、筋力トレーニングや運転の練習を実践する人は少ないようだ。重大な事故は、自己過信やちょっとした注意力散漫から発生するもの。体力をつけたり、事前に練習をしたりすることはとても重要だ。

 今回調査した中高年ライダーの中には、リターンライダーが約5人に1人の割合で存在していた。「リターンライダー」とは、若い時に二輪車免許を取得したが、様々な理由でオートバイに乗らなくなり、40代~50代になってから再び乗るようになった人のこと。調査では、そのブランクは平均19年だった。また、久しぶりに運転した時の感想からは、昔と同じようにはいかないことが「体力や動体視力」「マシン性能」の両面から感じられている事が明らかになった。

 また、中高年になってからの新しいオートバイの楽しみ方の一つとして「子どもと一緒に楽しむ」を多くのライダーが期待しているようだ。「実際に今、一緒にオートバイを楽しんでいる」の18%と、「今後、機会があれば一緒にオートバイを楽しみたい」の47%を合わせると、過半数以上が子どもとオートバイを通した交流を望んでいる結果になった。

■調査概要
調査期間:2015年3月27日~4月3日
調査対象:51cc以上のオートバイを所有し、半年に1日以上乗る40歳以上の男性300人
調査方法:インターネットによる任意回答 (Qzoo会員)

文/編集部

@DIME編集部

最終更新:9/20(火) 20:28

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年1月号
11月16日発売

定価630円

ヒット商品&トレンド大予測!
ふるさと納税駆け込み攻略ガイド!
発表!小学館DIMEトレンド大賞
別冊 DIME創刊号付き

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。