ここから本文です

カンプノウを沸かせたあの選手が、欧州の小国で新たなスタートへ

フットボールチャンネル 9/20(火) 7:40配信

 かつて、バルセロナやアルゼンチン代表で活躍したFWハビエル・サビオラが欧州の小国アンドラで新しいスタートを切るようだ。18日、スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 スペインとフランス国境沿い、ピレネー山脈の中にある人口10万人にも満たない小国アンドラ公国。アルゼンチン代表、バルセロナ、ベンフィカなどで活躍してきたサビオラの第2の生活はここから始まるようだ。同紙によると、同国のFCオルディーノとの契約が近づいているということだ。

 ここでは、監督の補佐役という仕事がメインとなるが、同チームで選手としてもプレーすることになるようだ。今年で35歳になるサビオラは「すべてが自分にとって新しいことだ。自分のプレーヤーとしての経験を若者に伝えたい」と語る。

 19歳で移籍したバルセロナでの鮮烈な活躍が印象的なサビオラ。その後、フランス、ポルトガル、ギリシャ、イタリアでのプレーを経て、2015年に自身のキャリアのスタート地点となったリーベルプレートへと復帰していた。しかし、今年1月に同チームを退団しており、この夏もいいオファーがなかったことで、今回の決断になった模様だ。

フットボールチャンネル

最終更新:9/20(火) 7:40

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。