ここから本文です

香川の親友が語る現指揮官ペップと恩師クロップの違い 「両者ともに情熱的であるが…」

Football ZONE web 9/20(火) 11:50配信

今季マンCに加入したギュンドアンが、二人の名将を比較

 マンチェスター・シティのMFイルカイ・ギュンドアンが、現在の指揮官ジョゼップ・グアルディオラ監督とドルトムント時代の恩師ユルゲン・クロップ監督の違いについて言及している。英紙「リバプール・エコー」が報じた。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 ギュンドアンは今季、ドルトムントからシティに2000万ポンド(約27億円)で移籍。17日に行われたプレミアリーグ第5節ボーンマス(4-0)戦では、加入後初ゴールを決めた。

 2011年から5シーズンを過ごしたドルトムントでは、公私ともに仲の良かった香川らとともに黄金期を築いたギュンドアン。14-15シーズンまで指導を受けた恩師クロップは現在、プレミアの強豪リバプールの指揮官を務めている。イングランドの地で直接対決を迎えるのは12月31日の第19節と少し先になるが、ギュンドアンは両指揮官に賛辞を送りつつ、監督としての違いについて独自の見解を示した。

「両者ともワールドクラスの監督であることに間違いはなく、各々で特別なクオリティーを備えている。ユルゲンはより感情的と言ってしまうのはフェアではないかもしれないが、彼がタッチライン際で一瞬一瞬に生き抜く姿を見れば、ドルトムントが彼の下でなぜ成功を収めるに至ったのか、理解するのは難しくないだろう」

「ペップはより天才」

 一方で現指揮官のペップに対しては、クロップと同じく情熱家としながらも、試合中に選手に対して解決策を提示することに長けていると強調した。

「ペップも同様に情熱的だが、タイプが異なる。彼はより天才的だ。試合を読み、あらゆるシチュエーションへの想定に向けて対処するね。彼は僕たちにどのようにスペースを作り出し、解決策を見つけるのかを常に示してくれる。彼のような監督はいない。おそらく世界最高の監督だ」

 “ペップ・シティ”がここまで公式戦8連勝中と破竹の勢いを見せる一方で、クロップ・リバプールも強敵アーセナルやチェルシー、昨季王者レスターを撃破し力強さを示している。ギュンドアンが絶賛する両監督が、今季のプレミアリーグの主役に名乗りを上げる可能性は十二分にあるだろう。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/20(火) 11:50

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。