ここから本文です

高月沙良の“珍な体験”に「ドスケベな夢でも見たの?」 超絶美ボディにグラビア推しする声止まず

おたぽる 9月20日(火)19時0分配信

 8日、女優の高月沙良が自身のブログに「今朝鼻血を流しながら目を覚ましたの! 珍な体験だから、ブログに書いておこうって思いました」とコメントしたのを受けて、「ドスケベな夢でも見たの?」「詳細を教えて!」などと、ファンが食いつきを見せた。

市原隼人、“希”呼ばわりで「恋人気取りかよ!」と佐々木希ファン激怒! 禿げ&劣化加速を指摘する声も

 最近、夢日記を始めたという高月だが「起きたときの鼻血が流れてることの衝撃の方が凄くて、夢の内容なんてすっかり忘れてしまった!」ということで、エッチな内容の夢を期待していたファンは少々、落胆。しかし、“超ド天然女優”として知られている高月らしい、変わったエピソードに、ほっこりしたファンも少なくなかった。

「高月は、今月1日には、ブログに『毎朝の習慣は、ギターを弾きながら歯磨きをする一石二鳥!! でも、ギターを弾いてしまうと歯磨きできないんですよ』と書き込み、歯ブラシを口の中に入れてギターを弾いている画像をアップして、天然キャラぶりを見せつけるなど、そのクールな見た目とのギャップで、ファンを虜にしているのですが、最近では、所属する芸能事務所・スウィートパワーの先輩である堀北真希が産休に入り、そのまま引退してしまうのではないかともささやかれているため、堀北の後釜として、業界内でも注目度が急上昇しています」(芸能関係者)

 高月の魅力といえば、グラビアモデル顔負けのスタイルの良さを挙げるファンは少なくない。ブログに鼻血エピソードが書き込まれた際には、ファンから「俺は沙良ちゃんの水着姿見て、毎回のように鼻血出してるよ!」「セカンド写真集はまだ?」などといったコメントも殺到していた。

「高月は、13年に発売した1st写真集『16』(ワニブックス)では、当時、アイドルグループ・bump.yに所属していたにもかかわらず、8割方が水着姿、しかも競泳水着以外は面積小さめの水着ばかり、という、グラビアモデル並みの攻めの姿勢を見せ、ファンを歓喜させていました。また、タイトルの通り、高月は当時まだ16歳だったのですが、推定Dカップの胸に、くっきりとくびれたウェストラインは、すでに大人の女性のそれへと仕上がっていて、『美しすぎる!』『超絶美ボディ』などと、業界内でも絶賛する声が飛び交っていました。それだけに、『このまま堀北の後釜として女優業に専念させてしまうのは勿体ない』『せめて、もう1冊だけでも写真集は出した方が良い』などと、グラビア活動を推す声は絶えません」(同)

 また、高月は、写真集の中では、男子高校生の制服を着た男装姿も披露。「イケメン過ぎる!」と話題となり、女性ファンも多く獲得しただけに、2nd写真集発売を望むファンは、男女共に多い。

最終更新:9月20日(火)19時0分

おたぽる

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]