ここから本文です

J1残留をかけた湘南と福岡の 「裏・天王山」、それぞれの背水の陣

webスポルティーバ 9/20(火) 15:00配信

 過去の降格チームの戦いを振り返ると、おおよそ説明がつかないような不運(アクシデント)に見舞われることがある。入ったと思ったシュートがポストに阻まれたり、逆にめったにお目にかかれないようなスーパーゴールを食らったり、あるいはラストワンプレーを耐えきれず、掴みかけていた勝ち点を逃したり……。

【写真】アビスパ福岡。残り5試合、両者の運命は、果たして……。

 突き詰めればおそらく原因はあるのだろうが、シーズン終盤に残留争いを強いられているチームのそんなシーンを見るにつけ、「ああ、ツイてない。これは落ちる流れだな……」なんて、思ったりする。

 17位の湘南ベルマーレと18位のアビスパ福岡の”裏・天王山”でも、そんな光景が見られた。悲劇の主役は、湘南である。

 開始1分、いきなり出鼻をくじかれる出来事が起きた。エリア内で福岡MF三門(みかど)雄大のクロスがMF下田北斗の手に当たり、PKを献上。これをFW金森健志に決められて、あっさりと先制点を奪われてしまったのだ。これほど早い時間帯にPKを取られてしまうなど、なかなかあることではない。これがこの重要な一戦で起きてしまうのが、今の湘南を象徴しているだろう。

 さらに15分には、今季わずか1得点のFW平井将生(しょうき)にスーパーミドルを叩き込まれてしまう。もちろん、決めた平井を褒めるべきだろうが、湘南からしてみれば、不意打ちのような失点だった。

 この序盤の2失点で完全にゲームプランを崩された湘南は、後半の反撃も及ばず、0-2で敗戦。これで連敗はついにふたケタに乗り、年間順位でも得失点差で福岡に抜かれて最下位に転落した。試合内容は決して悪くないのに、結果がついてこず、ツキからも見放される……。まさに、「落ちるチーム」の空気を濃厚にまとってしまっているのだ。

 ただし、そうしたある種のジンクス的なものよりも心配なのは、湘南らしさがまるで見られなかったこと。早い時間帯にビハインドを負ったこともあるだろう。福岡のハイプレスをかいくぐれず、失点後は後方をしっかりと固められたことによって、飛び出すスペースも限られた。

「福岡がしっかりと後ろを固めながら前の方はプレッシャーをかけてきた。そうしたなかで、後ろと前が分離して、前のところで起点が作れなかった」とチョウ・キジェ監督が振り返ったように、とりわけ前半は、”湘南スタイル”と呼ばれる縦に早い攻撃は完全に鳴りを潜めていた。

 前線でボールを収められるFWジネイの投入で、後半は盛り返していくつかチャンスを作った。だが、ジネイやFWウェズレー、MF菊池大介らが決定機をことごとく逃し、ノーゴールのままタイムアップの笛を聞いた。

1/2ページ

最終更新:9/20(火) 17:35

webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
11月10日発売

定価 本体1,389円+税

フィギュアスケート特集
『羽生結弦 未来を創る人』
■羽生結弦 インタビュー、エッセイ
■羽生結弦 フォトギャラリー